断念について思いを明かした嶋大輔
 - 画像は4月撮影のもの

写真拡大

 4月に芸能界引退と政界に進むことを発表していた嶋大輔が、自身のFacebookを通じて、都議選などへの立候補断念について思いをつづった。


 芸能界引退を発表後、会見で「将来的に政治家を目指す」と語るなど、転身を目標に活動することを表明していた嶋。しかし自民党の公認を得られなかったことなどから、夏の参議院選挙と東京都議選への出馬断念が報じられていた。


 Facebook上で「この度 立候補を断念するに至りましたのは全て私の不徳の致すところで御座います」とつづった嶋。「多くの方々に賛同、応援、ご協力、お力添えを戴いておりましたが期待に応える事ができませんでした」と無念の思いをにじませた。


 一方で「これは私に与えられた試練であります」と奮起。「自己鍛錬し自分をもう一度見つめ直し、更なる上を目指しチャレンジして行きたいと思っております。それまで少し時間を下さい」としており、政治家への転進を目指しての活動を継続する意思を見せている。(西村重人)