日経平均株価 2013年3月21日〜6月21日前場 チャート提供:株マップ,con

写真拡大

全体市場は調整が続いているが、上がっている株も

 バーナンキFRB議長の発言が引き金となった5.23ショックからほぼ1カ月。世界の株式市場にまたも激震が走った。米国の大幅金融緩和が年内にも縮小されるのではという観測から、6月20日のニューヨーク市場は前日比2.28%安、353.87ドルと今年最大の下げ幅となった。

 これを受けて、6月21日の東京市場も前日比マイナスでスタート。午前9時29分には1万2702.67円まで下落した。

 6月17日には1万3000円を回復、大規模な調整もようやく終了かという思われた矢先だっただけに、今回の下げでますます投資意欲を失った投資家も多いことだろう。6月21日は後場に大きく切り返して前日比215円高で終わったが、不安定感の払拭までには至っておらず、「まだまだ日本株は買えないな」と思っている投資家も多いことだろう。

 でもちょっと待ってほしい。実は全体相場は伸び悩んでいても、この1カ月で大きく値を上げている銘柄がけっこうあるのだ。なかには3倍、2倍といった大化け株も。今回はそんな銘柄をざっくりご紹介しよう!

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)