夫27.5%が妻に嘘ついた経験アリ -「会社を休んだ」「現状で満足と言った」

写真拡大

「ごめん、今夜は遅くなるわ。職場で送別会があるからさ……」「ホントに〜? 今月これで2度目だよ…?」「(ギクッ) え、そ…そうだったっけ…。ウチの会社、ブラックだからさー…(汗)」。妻の追求を阻止するために、ウソをついた経験はないだろうか。今回はマイナビニュース会員の既婚男性200人に、妻に嘘をついたことがあるか聞いてみた。

Q.妻に嘘をついたことはありますか?



はい 27.5%

いいえ 72.5%





Q.どんな嘘ですか? 嘘をついたのはどうしてですか?



■お金にまつわるウソ

・「飲み会にかかった金額。小遣いを増やすため」(40歳男性/商社・卸/その他)

・「高い買い物をしたとき、安い金額を伝えた。無駄遣いして……と言われそうな気がしたので」(39歳男性/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「へそくり」(50歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「趣味のお金の使用用途」(28歳男性/運輸・倉庫/技術職)





■仕事と偽って……

・「仕事で遅くなると言って飲みに行った」(39歳男性/通信/技術職)

・「定時で仕事を終えパチンコに行き、残業だったと嘘をよくつく」(40歳男性/自動車関連/技術職)

・「遊びを出張と」(41歳男性/建設・土木/営業職)

・「仕事と言って、友人と遊びに行った。うるさいことを言われるから」(26歳男性/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「残業じゃないのに残業といって遊ぶ」(33歳男性/自動車関連/技術職)





■異性関係

・「女性関係を追求されて。そりゃホントのことをいったらまずいので」(54歳男性/情報・IT/技術職)

・「他の異性と遊びに行ったこと。バレたくないから」(47歳男性/医療・福祉/専門職)

・「合コンを職場の飲み会と言った」(37歳男性/自動車関連/事務系専門職)

・「浮気。理由はご想像どおり」(49歳男性/情報・IT/技術職)





■誤解を避けるため……

・「知っていることを知らないふりをした。いらぬ詮索をされたくない」(44歳男性/情報・IT/技術職)

・「話すのが面倒な時、適当な返事をする。会話を早く終わらせるためで、他意はない」(47歳男性/情報・IT/技術職)

・「飲み会と称して、転職相談の面接に行っていたことがあります」(52歳男性/電機/技術職)

・「飲みに行くお店のジャンル。説明するのがややこしいから」(46歳男性/セメント/事務系専門職)





■うれしいウソ

・「妻にプレゼントを買って帰る際に、会社で残業していると言ってうそをついた。プレゼントを買うことを知られたくなかったから」(34歳男性/ソフトウェア/技術職)





■自由を求めて

・「一日中仕事と。本当は午後半休をとったが、言うと何かさせられるので」(31歳男性/情報・IT/技術職)

・「会社に行くふりをして休んだことがある」(33歳男性/情報・IT/技術職)

・「妻が家にいない日に、外で飲んでいたのに家でゆっくりしていたと嘘をついた」(27歳男性/法律事務所/事務系専門職)





■タバコ

・「禁煙してないがしてると言っている」(25歳男性/情報・IT/技術職)

・「タバコをやめたと言ってたけど、やめられてなかった」(38歳男性/学校・教育関連/営業職)