”取締役が全員ニート”の「NEET株式会社」、気になる説明会に潜入してみた!!

写真拡大

全国のニートが集まり、全員が取締役に就任する「NEET株式会社(仮称)」というユニークなプロジェクトが進行中だ。

当サイトでも既にその動きをお伝えしているが、NPO法人の中小企業共和国が運営母体となって「日本全国のニートが集まり、全員が雇用されない事業主である取締役に就任し、既成概念や常識に縛られない自由な事業者集団を作る」というコンセプトで進められている。

6月11日、その設立に関する説明会が東京で開催された。「会社や団体に所属せず、学校や就業訓練機関にも通っていない34歳以下(厚生労働省の定義適用)の若者」というニートの条件に概ね合致する人が募集され、1,000を超えるエントリーがあったという。その中から、おおよそ200人が会場に集結、1,000人がネット中継で参加した。

説明会は「NEET株式会社(仮称)」のプロデューサー若新雄純氏の挨拶で始まった。

「社会が変わっていく中で、個人と組織の働き方も大きく変わろうとしている。その変化に対して組織的に変わっていきたいという企業のお手伝いをしたり、新しい採用のあり方などを考えていくうちに『まったく新しいものをゼロから立ち上げられないか』と思い立ち、今年の1月に企画が立ち上がりました」。

約半年で、社会的にも注目される動きへと成長した「NEET株式会社(仮称)」。今後、どのような会社になるのか、7月のキックオフミーティングに向けて、その方向性をネット中継の視聴者を含め参加者とブレストしていこうというのがこの日の趣旨だった。

ここで、パネリストとして「この企画の”首謀者”(本人談)」であるNPO中小企業共和国の安田佳生氏、ゲストとして面白法人カヤックの代表取締役である柳澤大輔氏が紹介された。

安田氏は「正直言ってこんなに集まるとは思わなかった」と参加者の多さに驚いた様子。自分自身も決められた働き方が苦手という同氏は、「既存の会社や労働はイヤだけど自分がやりたいことややり方ならいくらでも働けるという人は多いと思う。それが実現できたら」と意気込みを語った。

ゲストの柳澤氏は「雲をつかむような話ですね(笑)」と若干のとまどいを見せながらも「15年前に友達と3人でカヤックを立ち上げたとき、何をするか決めていなかった。何をするかよりも、だれとするかということが大事なんじゃないかと思っていました。そういうところから何かが生まれるということは経験しているので、その経験から何かがお話しできればと思います」と語った。

説明会が始まると同時に、用意されたネットの掲示板に次々とコメントや質問が寄せられた。

「NEET株式会社(仮称)」は希望者全員が取締役になることができる。今回、1,000を超えるエントリーがあったわけだが、「1,000人全員が取締役就任を希望したらどうなるのか?」という質問に、安田氏が答えた。「就任できます。いきなりギネスブック級の会社になりますね(笑)」。

とはいえ、1,000人がそれぞれの意見をもって会社を設立するのは容易なことではないだろう。そのハンドリングについても、ネットから意見が寄せられた。

「ニート株式会社はホールディングスとして、やりたいことに応じて子会社をぶらさげるのはどうか? というご意見をいただきました。これはいいですね」と若新氏。「集まった人たちの意志を統一してしまうのでは『既存の会社』と変わらない。多様性を残すためにどうすればよいのか、最初の段階で考えておく必要がありそうですね」と語った。

組織論とは別に、事業内容をどういったものにするかということについても議論が交わされた。これについて安田氏は「利益を上げるのが先か、自分のやりたいことをやるのが先か。ビジネスとアートの関係にも似ていますが、私は自分のやりたいことを突き詰めていき、求めてくれる人に買ってもらうのがよいと思う。その方が結果的にビジネスとしても大きくなるのではないか」という意見を述べた。