カール・ラガーフェルドがゲームのキャラクターに

写真拡大

 「CHANEL(シャネル)」や「FENDI(フェンディ)」を手がけるデザイナーKarl Lagerfeld(カール・ラガーフェルド)が、オンラインゲームに登場した。日本文化から影響受けたアメリカのブランド「Tokidoki(トキドキ)」のキャラクターになったカールを捕まえて、トレードマークのサングラスを取り上げるといううユニークな内容のゲームになっている。

カール・ラガーフェルドがゲームにの画像を拡大

 オンラインゲーム「Je veux les lunettes de Karl」は、素早く動くカールのサングラスをマウスで取り外すことが出来れば成功。サングラスを外しても、さらにもう1本サングラスをしているという演出などがプレーヤーを楽しませる。ゲームオーバーの時に「もう君のために時間を割けない」と皮肉混じりにつぶやくなど、カールが発するのユニークな言葉にも注目だ。

 ゲームはパソコン、スマートフォン、タブレットを持っていれば誰でも参加が可能。成功するとカールがデザインを手がけたアイウェアブランド「Optic2000」のサングラス、もしくは限定版の「Tokidoki」フィギュアどちらかのプレゼント抽選の機会が与えられるようだ。


■Je veux les lunettes de Karl
 http://jeveuxleslunettesdekarl.com/