『文房具カフェ』が文具好きにここまで愛される理由とは? 1周年イベントに行ってみた

写真拡大

 

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

東京メトロ表参道駅から徒歩5分ほど、ファッション雑貨店や結婚式場などが並ぶ通りにあるカフェ『文房具カフェ』。
その名の通り、文房具をテーマにしたカフェで、雑誌やテレビでも多数紹介されている人気のお店です。

その文房具カフェが6月15日に開店1周年を迎え、『文房具カフェ1歳のお誕生日会』という記念イベントを開催されるとのことで取材に伺ってきました。
参加できるのは、「わたし、文房具を愛してます。」と宣言して入会されたオフィシャル会員とその同伴者のみというイベント。特別に参加させていただきました。

オープンと同時に店内は満員に。その熱気から、文房具カフェの人気ぶりが伺えます。

印象的だったのは、マルマン株式会社から提供された壁一面に貼られた寄せ書き用の巨大画用紙。
この巨大画用紙から、普段目にするスケッチブックが作られているそうです。
そこに皆さんが思い思いのメッセージや絵を書き込んでいきます。

一生懸命メッセージを描いている男の子も。
お母さんにお話を伺うと、「前に来た時もすごく楽しかったみたいで、今日文房具カフェに来るのをずっと楽しみにしていたんです。」

イベント中に発表された会員数は、なんと3130名(取材時)。
文房具カフェのどんなところに惹かれて会員になられたのか、会場にいた方にお話を伺いました。

■幅広い文房具ファンが『文房具カフェ』を愛する理由とは?

ゆっくり手帳に書き込みたいときに文房具カフェを利用されている20代の女性は、「いろいろなペンを試せて、手帳の紙との相性を確認できるのがうれしい。」と教えてくれました。

「ご自由にお使いください。」と用意されている文房具たち。筆記具だけでなくノートやスタンプも多数用意されてました。

また、「机の引き出しの中を見るのも楽しみ。」とのこと。
店内にある机には鍵付きの引き出しがあり、会員になるともらえる合鍵で開けられるようになります。
引き出しの中身は公開されておらず、定期的に入れ替わるので毎回開けるのが楽しみなんだとか。

千葉からいらしたという70代の男性は、「文房具カフェで開催されるイベントが面白い。」と教えてくれました。
文具メーカーや文房具店の担当者を招いてのワークショップや、プロマジシャンによる文房具マジックショーが開催されているそうです。

この日も、プロマジシャンのイ・ヨンギュさんがテーブルを周り、カフェで売っているノートを使った手品を披露されていました。

■「文房具カフェにきたおかげで、文房具の楽しみ方がわかったんです」

恋人と一緒に販売されているペンを見ていた女性は、文房具カフェに初めてきたときのエピソードを教えてくれました。

「初めて文房具カフェに来たのは、デートで表参道にきたときにたまたま前を通ったからなんです。彼はもともと文房具が好きだったけど、私はそんなに興味を持ってなくて。
でも、机の引き出し中に入っていたスケッチブックに『絵でしりとりをしましょう』とあったんです。ふたりで絵しりとりをやってみたら、楽しくて。
文房具カフェにきたおかげで、文房具の楽しみ方がわかったんです。」

それ以来、デート中にふたりで絵しりとりをされることもあるそうです。
おふたりの力作を見せていただきました。

会場では、ビールを飲みながらペンのインクについて語り合っているグループや、店員さんに話を聞きながら買い物を楽しんでいるご夫婦がいたり、寄せ書きの絵を真剣に描いている方がいたりと、思い思いの過ごし方で、文房具カフェを楽しんでいました。

また、今日初めて会ったと思われるお客さん同士でも、「このノート、小学生のとき使っていたの。」「私も。懐かしい。」と、自然と会話をされていました。
お互い「文房具が好き・興味がある人」という共通点があるおかげで、店員さんとお客さん、お客さん同士の距離がずっと近いように感じ、それが居心地の良さにつながっているように思いました。

ただカフェの一部に文房具の販売コーナーを設けるだけでは、このような雰囲気にはならないでしょう。
今までに例のないコンセプトで、これだけ多くの人に魅力を感じてもらうお店にするために店員の皆さんはとても苦労されたのではないでしょうか。

「更新させ続け 永遠に完成することがない空間」という文房具カフェ。
さらなる進化が楽しみなお店です。

私も会員となり秘密の鍵をもらいましたので、また引き出しを開けに伺いたいと思います。

こちらのレポートもどうぞ!
"あの頃"を思い出す「学校文具」がずらり。大人買いしたくなる懐かしアイテム12選! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14585 ]
【文具】どうしてこうなった!? 完全に方向を見失った、愛しき「駄文具」の世界 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12303 ]
デスク周りを"おいしく"楽しく!思わず食べたくなる「食べ物文具」5選 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12190 ]
文具ファン&メーカーが選んだ!『文具祭り』で発見した最新イチオシ文具22まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11113 ]
今年は、昭和なら88年! かわいい「懐かし文房具」もう一度集めてみました [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11870 ]