価格5万円以下を実現した人型ロボットキット「ラピロ」、クラウドファンディングサイトを通じての支援金募集ほぼ達成見込み

写真拡大

東京都狛江市にある機楽株式会社(代表取締役 石渡昌太)が、名刺サイズコンピュータRaspberry Pi(ラズベリーパイ)にあわせ設計した人型ロボットキット「ラピロ(RAPIRO)」を開発。


【関連:バンダイ、「天空の城ラピュタ」ロボット兵の予約開始】

ラピロ


そして現在商品化に向けて、海外の有名クラウドファンディングサイト「キックスターター」を通じ支援募金を開始している。

海外での反響は強く、日本時間20日17時の開始からわずか12時間で目標金額20,000ポンド(約300万円)の半分、10,000ポンド(約150万円)を達成。記者が本稿を執筆している日本時間21日10時半時点では更に14,000ポンドを超えており早ければ開始から24時間以内には目標金額が達成されるものと見られている。

人型ロボットキット「ラピロ(RAPIRO)」は、組み立てやすさと低価格を実現したロボットキット。

ラピロ(RAPIRO)の名前の由来は、RAspberry PI RObot 。
その名の通り、今話題のRaspberry Pi(別売) を頭部に組み込めるよう設計されており、2013年に発売され人気で品薄状態のRaspberry Piカメラモジュールにも対応した設計になっている。
全身12個のサーボモータ(12関節)とその制御基板(Arduino互換)が付属。2足歩行したり、手で道具を持ったりすることも可能。

ラピロは町工場などの中小企業とのコラボレーションによって開発され、試作機の造形には話題の3Dプリンタを使用して制作されている。

ラピロの頭部に名刺サイズコンピュータRaspberry Pi(ラズベリーパイ)を組み込むことで、ラピロはインターネットに接続したり、音声認識で言葉を理解したり、画像認識で人の顔を覚えたりできるようになる。

これまでOSを搭載できる2足歩行ロボットというと研究用で30〜100万円もしていたが、ラピロの場合には、別売りのRaspberry Piを含めても5万円以下で自作できるようになっている。

ラピロ2ラピロ6
ラピロ4ラピロ5

Facebook: http://www.facebook.com/project.rapiro
Youtube: http://www.youtube.com/watch?v=AQynsVZx5Pk
Webサイト: http://www.rapiro.com
クラウドファンディングサイト「キックスターター」【海外サイトです】:http://www.kickstarter.com/projects/shota/rapiro-the-humanoid-robot-kit-for-your-raspberry-p

(文:栗田まり子)