村上太一氏

各界の賢人たちがこっそり教えてくれた、珠玉の言葉。2013年のビジネスのヒントがここに!

●午前8時55分(日報コンサルタント 中司祉岐)

日々の業務の改善も大切ですが、自分が将来なりたい姿、大きな目標・夢を意識しながら働くことで仕事の質がこれまでとがらりと変わります。毎朝、仕事開始5分前(始業が9時なら8時55分)に自分の夢を念じるだけでなく手帳などに書き込んでください。モチベーションも仕事の質も飛躍的に向上します。

●組織(リブセンス社長 村上太一)

都知事選や衆議院総選挙などで2013年は日本の「組織」が大きく変わることを実感する年。当社も2013年東証一部へ市場変更し、これから一層の成長・事業拡大をしていくうえで「組織」の体制づくり・強化に力を入れていきたい。

●大人の食育(ダイエットカウンセラー 伊達友美)

近年、活発な「食育」活動は主に子どもへの取り組みですが、私は日本の大人にも食事に対する再教育が必要だと思っています。生活も体も大きく変化したのに、食事の仕方が子どもの頃と同じでいいはずがありません。また、ブームに踊らされて体に悪い食事をしたり、過剰なダイエットに夢中になったりするのは、理性ある大人の行動とは言えません。自分に最適な食事を選ぶための正しい知識が求められていくのではないでしょうか。

●タゴール的アジア像(東京外国語大学学長 亀山郁夫)

アジア人初のノーベル賞(文学)受賞者、タゴールの融通無碍な世界観。西欧の開明文化をしっかり受け容れながら、新しいアジアの一体化のビジョンを提示している。

●COUNTDOWN(アレックス社長 辻野晃一郎)

事を成すための時間は有限であるという緊張感を常に持って果敢にグローバルに挑戦する人を増やし、日本を再び世界に貢献する国として浮上させねばならない。

●猶予期間(平塚エージェンシー所長 平塚俊樹)

法律上の雇用規制は強化される方向にある。企業はそのあおりで業績が悪化、人員整理の圧力が強まる。ただ、2013年はその猶予期間。ここで自己啓発しておかないと手遅れになる。特にキャッシュフローの勉強がお勧め。経理上の赤黒ではなくキャッシュフローの重要性を理解すれば、従来とまったく違う人生の方向性を見いだせる。

●大転換(フリーライター 安田 修)

今までの考え方では「持続不可能」とまで言われ始めている世界の閉塞状況。従来の延長線上や改良路線ではない別次元の発想、常識を覆す大転換が求められている。2013年は、せめてその入り口近くへ辿り着くことに期待したい。もちろん政治・社会・経済などあらゆる分野で……。

●未来は開かれている(作家 波多野 鷹)

カール・R・ポパーとコンラート・ローレンツの対談集の邦題から取った言葉だ。息苦しい今日日(きょうび)だからこそ、未来を信じたい。宇宙と地上を行き来する「軌道エレベーター計画」の進行に期待している。フクイチ(福島第一原発)の後処理に劣らぬ予算規模だが、こちらは前向きで、はるかに大きい実りを人類にもたらす。

●ロコモ(スポーツドクター 中村格子)

“ロコモティブ症候群”の略。運動器(骨、関節、筋肉)の障害による要介護の状態や要介護リスクの高い状態を表す。いくら内臓器年齢が若くても、運動器年齢が高ければ早いうちから寝たきりになるリスクが出てきてしまう。骨折や筋力低下などの運動器疾患が寝たきりの原因の3割を占めており、ここにもっと注目すべき。

●中央銀行トップ交代(ファイナンシャルリサーチ代表 深野康彦)

2012年は各国首脳が代わる年だったが、13年は主要国中央銀行のトップが代わる。日銀総裁は4月、FRB議長は2014年1月に任期満了。中国の金融政策も3月の全人代で見えてくる。

●Voluntary(旭化成ホームズ共働き家族研究所所長 入澤敦子)

幸せな暮らしは自発的な行動から。例えば、子育て共働き夫婦において強制や男女の固定化した役割分担から幸せな気分は生まれません。自発的に生活に関わることが相手を自由に楽しくする。そしてその感謝を言葉にして伝えることが重要です。人に喜びを与えられた実感が行動の継続と広がりを生むのです。

●憲法論議(カリスマ就活案内人 海老原嗣生)

僕は右翼ではないし、石原慎太郎氏も好きではないけれど、インターネットはおろか電話さえ普及していなかった時代の憲法が生きていることに疑問を感じます。衆議院と参議院のねじれ問題や首相の公選制、何より第96条の憲法改正の条項など、国の基本骨格について考える年になる気がします。

●第2次「ベトナム」ブーム(弁護士 石丸幸人)

中国からベトナムへシフトする流れができてきている。第2次「ベトナム」ブームといっていい。中国リスクを敬遠する動きもあり、比較的企業が進出しやすい環境が整っているベトナムが、さらに注目されてくるだろう。

●スマホ(ライフネット生命保険副社長 岩瀬大輔)

2012年は一気に個人のパソコン離れとスマホへの移行が進んだように感じる。そして、2013年はどうなるか。私は携帯でもパソコンでもない独自デバイスとしてのスマートフォンが、本格的に生活や仕事を変えていく1年となると考えている。

●RE(コミュニティデザイナー 山崎 亮)

震災から2年近くたったけれど、まだ復興にはほど遠い。政治も変わった。人はつながりを求め始めている。2013年は、日本全体を復活させ、リノベーション(renovation)させる年だ。

●まつりごと=じぶんごと(「東の食の会」事務局代表 高橋大就)

もうこれ以上、政治に対して、無責任な言論や傍観者的な態度をとっている暇はない。それぞれが当事者として、問題意識に従って行動を起こす。そんな時代に入らなければ立ちゆかなくなるという危機感を持つべきだ。

●タイムレス(英語力コンサルタント 西澤ロイ)

タイムレス=時間軸の上にない2つの事柄がキーとなる。1つは、常識や過去にとらわれない「イノベーション」の実現。次に「物事の本質」。本質を感知・理解ができる人とそうでない人の2極化が進む。

●ココナッツウォーター・ダイエット(ダイエットエキスパート 和田清香)

2012年は「呼吸」「姿勢」「ラジオ体操」など“原点回帰&ながら”がダイエットのキーワードでした。2013年もこの流れは続き、団塊世代向けの“ユルイ”ダイエットが主流となる気がします。個人的には脂肪燃焼効果のあるココナッツウォーターに注目しています。

●感動力(リクルートエージェンシー 森本千賀子)

ロジカルに生み出した付加価値では、消費者の心をつかみにくくなった。いまは人を感動させる力が、購買の起点になる。

●イノベーション(作家 江上 剛)

国も産業も人生にもイノベーションが必要だと思う。まったく新しいことでなくてもいい、ちょっとした試みでもいいから、新たな変革を起こそうという気概が大事。それなくして今の世の中に漂う閉塞感を打ち破ることはできないだろう。私自身も作家生活に入って10年経つが、まだまだ新しい価値を生むために、自分の中でイノベーションを起こしていかなければならないと感じている。

●「1人ぼっち」回避心理(結婚相談所みのり会会長 藤田孝子)

東日本大震災の後、当会へのご入会・ご成婚は急増しました。いざというとき、1人ぼっちでいるのは不安なのでしょう。その影響は今後も続くと思います。加えて、日本経済は明るくない。不景気の時代には、身を固め生活設計をきちんと考えたい人が多くなるんですよ。

●PEACE(経済学者/2012年ノーベル経済学賞受賞者 アルビン・ロス)

毎日、世界のニュースを見ているが、平和を伝える報道などほとんどない。もっと平和を感じたい。永続する平和、だ。もしかしたら2013年は、平穏な年になるかもしれないが、ね。世界が戦争や対立へと突き進むのではなく、お互い手を取り合って平和へと向かってほしい。それが、私の願いだ。

(宇佐美雅浩、永井浩、的野弘路、門間新弥、Linda A. Cicero/Stanford=撮影)