ジェームズ・ギャンドルフィーニ

写真拡大

人気ドラマ『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』で主役を演じたジェームズ・ギャンドルフィーニが、休暇先のローマで急逝したニュースを受けて、同シリーズのクリエイター、デヴィッド・チェイスが追悼メッセージを発表した。

「ジェームズは近年まれに見る天才役者でした。それは彼の演技を見れば、だれの目にも明らかでした。あの哀しみを湛えた眼差しの奥に、天性の才能がきらめいていた。私は彼によく言ったものです。"わからないのか? 君はモーツアルトと同じ天才なんだよ"とね。もう電話口の彼に、そう言ってやることもできなくなってしまいました」と、無念さをにじませるチェイス。

さらに「突然の悲報にご遺族も打ちのめされていることでしょう。彼の死は世界にとっても大きな損失です」と語り、遺された夫人のデボラ・リンと二人の子どもに哀悼の意を捧げた。ジェームズとは公私共に親しかっただけに、チェイスの悲しみは想像して余りある。「ジェームズとはぶつかることもありましたが、彼は大切な相棒であり、私にとって弟も同然でした。その存在がどれほど特別なものだったか、とても言い尽くすことができません」と、盟友のあまりにも早すぎる死に深い悲しみをあらわにした。

本シリーズで、良き家庭人とのはざまで葛藤するマフィアを人間味たっぷりに演じたジェームズ。早すぎる死を悼み、心からご冥福をお祈りしたい。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
「ザ・ソプラノズ」主演俳優ジェームズ・ギャンドルフィーニ急逝
急逝した『ザ・ソプラノズ』ジェームズ・ギャンドルフィーニ、製作中の作品が明らかに...
セレブがジェームズ・ギャンドルフィーニを追悼し、続々とツイート