「ウォーク・オブ・フェーム」の式典に登場したジェニファー・ロペス (c)Hollywood News

写真拡大

女優・歌手のジェニファー・ロペスが現地時間20日、ハリウッド通りに多くの著名人の名前が刻まれている「ウォーク・オブ・フェーム」に殿堂入りした。

「ウォーク・オブ・フェーム」は有名な観光地で、ハリウッドで活躍してきた人々の名前が星形のプレートに刻まれている。

2500個目のスターを残すことになったジェニファーは式典のスピーチで涙ぐみながら、「泣かないわ。泣かないわ。泣かないわ。本当に圧倒されているわ」と語り、これまでお世話になった人々に感謝を述べた。さらに「私は有名になってお金持ちになろうとは考えなかった」「私はただ素晴らしい女優、歌手、パフォーマーになりたかったの」と話し、家族やファンに感謝の気持ちを語った。

式典には歌手のピットブルや女優のジェーン・フォンダがかけつけていた。

これまでハリウッドに素晴らしい功績を残してきたジェニファー。彼女の活躍は今後も続くだろう。【馬場 かんな】