「一人は寂しい」父の遺体を放置

ざっくり言うと

  • 愛知県警蒲郡署は20日、47歳の会社員の男を死体遺棄容疑で逮捕した
  • 県営住宅の自室で死亡した父親の遺体に毛布をかけるなどして放置した疑い
  • 男は父親と2人暮らしで「一人になるのが寂しかった」と供述している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング