円谷プロ50周年”ウルトラマンシンフォニーコンサート”決定! エヴァ庵野氏も

写真拡大

円谷プロダクションの創立50周年を記念して、9月1日に東京都・池袋の東京芸術劇場コンサートホールにて「円谷プロ創立50周年記念 ウルトラマン シンフォニーコンサート2013 with 東京フィルハーモニー交響楽団」が開催されることが決定した。

『ウルトラマン』を題材としたフルオーケストラコンサートは、2009年3月に東京オペラシティコンサートホールで行われた「冬木透 CONDUCTS ウルトラセブン」以来約4年ぶり。同コンサートのチケッ卜は完売、往年のファンが詰めかけて大盛況のうちに幕を閉じている。

昼の部、夜の部と二部構成で行われる今回のコンサートでは、オーケストラと親和性の高い『ウルトラマン』シリーズほか円谷プロ作品の楽曲を題材とし、フルオーケストラによる演奏でその世界観を表現していく。指揮者は、数多くのオーケストラを指揮し、映画『のだめカンタービレ 最終楽章』では指揮指導を務めた角田鋼亮氏が担当。そして、『ウルトラセブン』の楽曲群で構成された「交響詩ウルトラセブン」の演奏では、「ウルトラ音楽の父」と称されている作曲者・冬木透氏自らがタクトを振ることも発表されている。

MCにはつるの剛士ほか、『ウルトラマン』シリーズのメインキャストをはじめとした豪華出演者も参加。さらには、特撮に関する造詣が深く、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』などで知られる庵野秀明氏が特別ゲストとして登場し、当日は庵野氏のリクエストに応え2曲を演奏するという。

コンサートのチケット価格は、SS席が15,000円、S席が8,000円、A席が6,500円、B席が5,000円。小学生は各権種より1,000円引きとなる。なお、枚数限定のSS席には、円谷プロダクション50周年記念特別冊子、スペシャルゲストパス(先行販売限定)がプレゼントされるほか、ウルトラヒーローとのミート&グリートなども予定されている。チケットの販売方法については、「ウルトラマン シンフォニーコンサート2013 with 東京フィルハーモニー交響楽団」公式サイトまで。

(C)円谷プロ