ベトナム、ホーチミン市の名物?となったバイク集団 (Photo:©Alt Invest Com)

写真拡大

 アジアの交通事情はさまざまだが、旅行者にとってもっとも難易度の高い都市のひとつがベトナムのホーチミンであることは間違いない。

 ベトナム戦争で都市開発が遅れたため、いまでも信号機のない場所が多く、ハチの大群のように押し寄せるバイクのあいだをすり抜けるように道を渡るしかない。高齢の旅行者のなかには歩いてホテルから出ることができず、旅のあいだじゅうずっとホテルの玄関からタクシーに乗っていた、というひともいるという。

 初心者がホーチミンで道を渡るこつは、地元のひとの後をぴったりついていくことだ。ベトナムは右側通行なので、バイクの群れは左手から押し寄せてくる。そこで最初は通行人の右側に立ち、彼らを盾として道路の中央まで行く。そこで素早く左側に移動して道路を渡り切るのだ。

 すこし慣れてくると、自分ひとりでも道を渡れるようになる。ポイントは、バイクの運転手が予測可能な動きをすることだ。

 バイクの運転手は、歩行者が一定のスピードで道を渡ると予測する。たいていは歩行者より先に通過するか、歩行者の背後に回り込み、接触しそうなときだけクラクションを鳴らす。逆にいえば、クラクションを鳴らされなければそのまま歩いても構わない、ということだ。

 この原則を拡張して、「道を渡るのが怖ければ目と閉じて歩けばいい。バイクの方でよけてくれるから」と“アドバイス”するベトナム人もいる。たしかにそうかもしれないが、私は度胸がないのでまだやったことがない。

 ホーチミンの交通事情が悪化するのは、公共交通機関がほとんど存在せず、バイクがなければ生活できないというやむにやまれぬ理由がある。中心部の道路の多くはフランス植民地時代のままの片道1車線で、交差点は信号のないラウンドアバウト(円形交差点)だ。

 さらにこのところの経済発展でより快適な自動車を利用するひとが増えており、このままでは交通渋滞で都市全体が機能不全に陥ることは必至だ。政府は周辺に新都心を開発して車の流れを分散しようとしているが、交通渋滞が緩和する気配はない。

 もちろん旅行者の誰もがベトナム流の道の渡り方に習熟できるわけもなく、時に悲惨な事故も起きる。何年か前には、ホーチミンで開かれた国際的な学会の最中、アメリカ人の高名な学者がバイクにひかれて死亡した。

 彼は、横断歩道では車は止まるものだと信じ込んでいた。ところがバイクが自分に向かって突っ込んでくるので、驚いて道の真ん中で立ち止まってしまった。驚いたのはバイクの運転手も同じで、真っ直ぐ歩き続けると思っていた歩行者がいきなり止まったので、避けきれずに衝突してしまったのだ。

 この事故をきっかけに、ベトナムでも交通ルールを守るべきだとの議論が起こったが、けっきょくなにも変わらないまま現在に至っている(信号機の数はすこし増えた)。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)