心臓発作で急死したガンドルフィーニさん写真:ロイター/アフロ

写真拡大

米HBOの大ヒットドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」で知られる米俳優ジェームズ・ガンドルフィーニさんが6月19日、休暇で訪れていた伊ローマで急逝した。51歳だった。HBOの発表によれば、死因は心臓発作と見られる。

ガンドルフィーニさんは、22日には伊タオルミナ映画祭のイベントに出席する予定だったといい、突然の死に衝撃が広がっている。HBOと再タッグを組んだ新ドラマ「Criminal Justice」も進行中だった。

1961年9月18日、米ニュージャージー州生まれ。92年、ジェシカ・ラング、アレック・ボールドウィンと共演したリバイバル版「欲望という名の電車」でブロードウェイデビューを果たした。

93年の映画「トゥルー・ロマンス」で注目を集め、99年から6シーズンにわたって放送された「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」で主役のマフィアのボス、トニー・ソプラノを演じ、エミー賞主演男優賞を3度受賞した。近年では「ジャッキー・コーガン」「ゼロ・ダーク・サーティ」などに出演していた。

■関連記事
米脚本家組合が選ぶ史上最高のテレビドラマは?
ブラピ「ジャッキー・コーガン」NYプレミアでセクシーさの秘けつを伝授
フランシス・F・コッポラ監督、新作はイタリア系アメリカ人家族の大河ドラマ
「スネーク・フライト」デビッド・R・エリス監督が急死 南アフリカで撮影中に
ジョディ・フォスター、女性版「ザ・ソプラノズ」でテレビドラマを初監督