神奈川県横浜市で、マンモス「YUKA」の特別展 -生前の姿をほぼ完全に残す

写真拡大

読売新聞社、日本テレビ、BS日テレ、ぴあは7月13日〜9月16日、神奈川県横浜市にて「特別展 マンモス『YUKA』シベリアの永久凍土から現れた少女マンモス」を開催する。

同展は、2010年にシベリアの永久凍土から発掘された雌のマンモスに関する展示を中心としたイベント。YUKA(ユカ)と名付けられたこのマンモスは、3万9,000年前の姿が奇跡的にほぼ完全な状態で残されており、冷凍保存のまま世界に先駆けて一般公開される。

同時に、マンモスと同時代に生息した絶滅動物で、これまで壁画や骨格標本でしか確認できなかったケサイ(サイの一種)の大型冷凍標本や、マンモスの全身骨格、マンモスの骨や牙と動物の皮でできた家など約150件を展示。マンモスの体の特徴や絶滅の謎、最新研究が紹介される。

会期は7月13日〜9月16日。開館時間は9時〜17時(水・木曜日は17時30分)。会場は神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜 展示ホールA。料金は一般(高校生以上)2,200円、小・中学生1,200円。前売券は一般1,800円、小・中学生900円。詳細は「特別展 マンモス『YUKA』シベリアの永久凍土から現れた少女マンモス 公式ページ」を参照のこと。

※記事内の画像はコピー・転載不可