スタイリスト祐真朋樹初の著書「祐真朋樹の密かな愉しみ」発売

写真拡大

 スタイリスト祐真朋樹初の単行本「祐真朋樹の密かな愉しみ」が、6月27日に発売される。ファッション・アディクト祐真朋樹を形作った様々な人やものの出会いが綴られた自伝的な1冊。出版を記念して、7月15日には祐真朋樹によるトークショー&サイン会の開催が代官山 蔦屋書店で予定されている。

祐真朋樹初の著書発売の画像を拡大

 「祐真朋樹の密かな愉しみ」は資料として撮りためていた自身のスタイリング写真を軸に書き下ろされたファッションダイアリー。3歳のときに履きたかったブーツや生まれ育った京都、上京して間もない頃のエピソードをはじめ、初めて訪れた猛暑のパリ、デザイナー、人生の先輩と親友の話まで、全485ページにスタイリスト祐真朋樹のこれまでが収められた。公式ホームページで祐真朋樹は同著書について「僕の48年に渡る服バカ人生の話がぎっしり詰まった本です」と綴っている。
 
 1965年生まれの祐真朋樹は、マガジンハウス「POPEYE」編集部でエディターとしてのキャリアをスタート。現在は「Casa BRUTUS」や「GQ JAPAN」、「UOMO」、「MEN'S NON-NO」などのファッションページのディレクターを務めるほか、アーティストやミュージシャンの広告やステージ衣装のスタイリングを手掛けている。

 代官山 蔦屋書店で開催されるトークショーには、装丁を担当したデザイナーの吉村亮、現ブルータス編集者星野徹が参加。先着70名限定で、定員に達し次第終了となる。

■「祐真朋樹の密かな愉しみ」発売記念 祐真朋樹トークショー&サイン会
2013年7月15日(月) / 蔦屋書店1号館 1階 総合インフォメーション
URL:http://tsite.jp/daikanyama/event/001984.html