『動物の狩り方』で孤独を抱える女子高生の美由紀を演じた能年玲奈/[c]2011 VIPO

写真拡大

6月24日(月)から物語の後半戦となる東京編の放送がスタートするNHK連続テレビ小説「あまちゃん」。なかでも、能年玲奈&橋本愛が劇中で扮する地元ユニット“潮騒のメモリーズ”の可愛さにはまった人も多いのではないだろうか。そんなファンにお勧めしたいのが、現在発売中のDVD『Give and Go ギブアンドゴー』(09)だ。

【写真を見る】ロングヘアの能年玲奈(右)。今よりも大人っぽいかも!?

本作は「あまちゃん」のユイ役でもお馴染みの橋本愛が、聴覚障害を持つ少女という難役に挑んだ主演デビュー作なのだ。だが、貴重という意味においては、同DVDに収録されている短編『動物の狩り方』(10)にこそ注目してほしい。これは「あまちゃん」のヒロイン、アキ役でブレイク中の能年玲奈の主演デビュー作(しかもロングヘア!)なのだが、『Give and Go』と『動物の狩り方』を手がけたのは森英人監督。奇しくも「あまちゃん」2大女優の映画初主演作を手掛けた森監督だが、監督のオフィシャルツイッターのタイムラインには、“アキとユイを育てた男”“アキとユイに踏み台にされた男”などのつぶやきも。そんな監督による“あまちゃんとは全く違う彼女が見られる”というツイートには、大いに興味をそそられる。

ちなみに、『動物の狩り方』は、映像産業振興機構(VIPO)が実施している若手映画作家育成プロジェクト「ndjc」から生まれた短編。2011年に合評上映会と称して披露されたものの、その後、なかなか見る機会がなかったレア作品なのだ。それが6月22日(土)に、テアトル新宿で催されるオールナイトイベント「朝までndjc」内で上映されることに!大スクリーンで拝める機会が少ない作品だけに、ファンなら見逃せない一夜となりそうだ。【トライワークス】