フランスと日本の架け橋「モード・イン・フランス展」7月開催

写真拡大

 フランス婦人プレタポルテ連盟が主催する「第35回モード・イン・フランス展」が、7月に東京で開催される。フランスのモードと日本の市場をつなぐ架け橋として1995年から続く新作展示会で、今回は49社54ブランドのプレタポルテおよびモードアクセサリーの2014年春夏コレクションが出展される予定。新規出展は20ブランドで、前回に続いて日本市場に対する期待が高まっているという。

フランスと日本の架け橋「モード・イン・フランス展」の画像を拡大

 「第35回モード・イン・フランス展」は、ヒルトン東京を会場に7月17日〜19日の3日間開催。2フロアを貸し切って2つのカテゴリーで展示し、28階の「タラン(TALENT)」には定評のあるブランドおよびこれから才能を開花させるブランド、27階の「ファッション(FASHION)」には、コンテンポラリーかつクリエイティビティーを象徴するブランドが集結する。初出展では、エコロジー素材が特徴の「LES RACINES DU CIEL(レ・ラシーヌ・デュ・シエル)」や、ボトムスに特化した「MY PANT'S(マイ・パンツ)」、ストッキングブランド「NICOLAS MESSINA(ニコラ・メシナ)」、1972年創業のニットブランド「TRICOTS JEAN MARC(トリコ・ジャン・マルク)」、そしてすでにフランスで知名度が高い「ZAPA(ザパ)」など、技術と感性に裏付けされた多彩なブランドに出会うことができる。また今回、新たにフランスのゴルフウェアNo.1ブランド「NUNI(ヌニ)」といったスポーツウェアが加わっているのが特徴だ。

 出展企業が増えている理由には、景気の低迷が続く欧州の市場から海外に目が向けられている中、アジアでも顧客の質が高い日本市場が注目される背景があるという。新進ブランドから欧州で人気が高いブランドまで幅広くそろい、来場者にとっては通訳が常駐するなど商談のしやすさが好評。1年前の開催ではバイヤーやマスコミ関係者1320名が来場して年々増えており、開催地の東京だけではなく地方のインポートショップからの来場も目立っているという。「モード・イン・フランス展」現在、来場者を募集している。(業界関係者のみ)

■モード・イン・フランス (MODE IN FRANCE)
 会期 : 2013年7月17日(水)〜19日(金) 10時〜18時 ※東京のみの開催
 会場 : ヒルトン東京27階 および28階
    東京都新宿区西新宿 6-6-2 TEL :03-3344-5111
 出展者数 : 49社54ブランド(初出展は20ブランド)※2013年6月19日現在
     (フランス44社49ブランド、英国3社3ブランド、スペイン2社2ブランド)
 開催頻度 : 年2回 (1月、7月)

■日本でのお問合せ先:株式会社プレザンス
 TEL : 03-5760-6771
 MAIL:info@presence-biz.com
 詳細URL:http://presence-biz.com/wp-content/uploads/2013/06/Dossier-de-Presse-MIF-juillet-2013_final.pdf


 ※入場は業界関係者に限られます。
  また、商談会につきデザイン収集を目的としたご来場はご遠慮いただいております。