菊地凛子と芦田愛菜ちゃんを絶賛するギレルモ・デル・トロ監督

写真拡大

メキシコの奇才ギレルモ・デル・トロ監督が総製作費2億ドルをかけて撮りあげた最新作「パシフィック・リム」が、8月9日に公開される。自他ともに認める“ハリウッドNo.1の日本オタク”のデル・トロ監督は、今作で菊地凛子と芦田愛菜ちゃんを抜てき。キャスティングにいたった経緯などを、映画.comに語った。

菊地は、世界中の都市を破壊する巨大生命体“KAIJYU”に対抗する最終手段として、パイロットの神経に接続し連動して動く2人乗りの人型巨大兵器“イェーガー”を操る重要なキャラクター“モリ・マコ”に扮し、愛菜ちゃんはその少女時代を演じた。菊地とは以前から面識があったそうで、「彼女のことはとても気に入ったよ。なぜなら、芯がしっかりとしているから。それに、感情表現がとても豊かなんだ」と絶賛している。

撮影を経たいま、その評価はさらに高まっており「信じられないくらい素晴らしくて、見事な女優。彼女との仕事はとても楽しかった」と称えている。その理由として、「ロボットをコントロールする際、特注のスーツを着用するんだが、容赦のない重さなんだ。大柄なイドリス・エルバやチャーリー・ハンナムがヘトヘトになって泣きかけているなか、凛子は決して弱音をはかなかった。彼女とは何度だって仕事をしたいよ」と話した。

一方の愛菜ちゃんに対しても、最大級の賛辞を惜しまない。ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京で多くの子役のオーディションを敢行したそうだが、「愛菜のデモリールが届いた瞬間、僕は『この子だ!』と言ったよ。それほど圧倒的だったね」と振り返る。

これまでにも数え切れないほど子役と仕事をしてきただけに、「いい役者なのか、ただそういったフリをしているだけなのかはすぐに分かるんだ。彼女は年齢に関係なく、僕が仕事をしてきたなかで最高の役者のひとりだよ」と断言している。再タッグの可能性についても、「イエスだね。僕らにはたくさんの時間があるから。というのも、愛菜はまだとても幼いしね」と意欲的なコメントを寄せた。

「パシフィック・リム」は、8月9日から全国で公開。

■関連記事
「パシフィック・リム」作品情報
SF超大作「パシフィック・リム」、8月9日公開決定! 日本限定予告も公開
芦田愛菜ちゃん、ハリウッドデビュー!超大作「パシフィック・リム」に出演
ギレルモ・デル・トロ監督、すでに「パシフィック・リム」続編に着手
浦沢直樹「MONSTER」をギレルモ・デル・トロがTVドラマ化!