日本マンガ界の伝説の2人がコラボ 「手塚治虫×石ノ森章太郎」展開催

写真拡大

6月29日(土)より、東京・木場の東京都現代美術館にて、日本が世界に誇るマンガ界の巨匠・手塚治虫と石ノ森章太郎の特別展『手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから』が開催される。

この展覧会は、『鉄腕アトム』『ブラックジャック』など不朽の名作により、現在のマンガの地位を確立した“マンガの神様”手塚治虫と、それに呼応してマンガを育て上げた“マンガの王様”石ノ森章太郎の歩みをたどる特別展。1952年に「漫画少年」で運命的な出会いを果たした2人の黎明期から進化・発展への過程を、作品や映像、関係資料などで検証する展覧会となっている。

会場には、手塚治虫の初期の名作『メトロポリス』の初公開原稿や、デビュー前の未発表マンガ原稿、石ノ森章太郎の初公開となるアイデアノートほか、直筆生原稿が惜しげもなく展示され、2人が生み出したキャラクターが大集結。さらに、戦後の日本を代表するマンガ家が集い、数多くの伝説が生まれたマンガ家アパート「トキワ荘」が会場内に再現される。

特別展『手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから』は、2013年6月29日(土)〜9月8日(日)まで、東京都現代美術館(江東区三好4-1-1 東京メトロ「清澄白河駅」徒歩9分)にて開催。休館日は月曜(7月15日は開館、翌16日休館)。開館時間は10:00〜18:00。観覧料は一般1200円。なお同展は、この後、広島県立歴史博物館、大阪歴史博物館、山梨県立博物館、宮城県美術館を巡回する。(文中敬称略)

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです