スポーツ飲料「アクエリアス」が、”熱中症ゼロへ”活動の公式飲料に認定!

写真拡大

日本コカ・コーラは6月17日、同社が販売するスポーツ飲料ブランド「アクエリアス」が、日本気象協会の「熱中症ゼロへ」プロジェクトの公式飲料に認定されたことを発表した。

「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、夏の猛暑や節電志向の影響で熱中症が増加傾向にあることを受け、全国の自治体や民間企業などとともに、熱中症に関する正しい知識と対策を多くの人に知ってもらい、”熱中症撲滅”の輪を広めることを目的としている。

スポーツドリンクは、水分だけでなくナトリウムも補うことができるとして、熱中症予防のための水分補給に適した飲料と言われている。このほど、同プロジェクトの公式飲料に認定された「アクエリアス」も、体液とほぼ同じ浸透圧に調整したアイソトニック設計で、汗で失う電解質も補給できる水分補給機能飲料となっている。

また、「アクエリアス」ブランドは、3つのエネルギー成分(BCAA、アルギニン、糖)やクエン酸を配合している。商品は、水分補給とエネルギー補給に適した「アクエリアス」、電解質による水分補給やカルニチンによる燃焼系のゼロカロリー「アクエリアス ゼロ」、ビタミンCとクエン酸を含んだ「アクエリアス ビタミンガード」の3種類を展開。シーンやニーズに合わせた水分補給ができる。

「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、「活動を進めていくにあたり、スポーツ時を中心に広い世代に親しまれている『アクエリアス』が加わったことは非常に心強い。家庭でも職場でも、子供でもお年寄りでも手軽にできる熱中症対策として、是非こまめな水分補給を行ってほしい」とコメントしている。