<ライトヘビー級T準決勝/5分3R>
ジェイコブ・ノイ(米国)
Def.3R3分22秒by TKO
ヘナート・ババル(ブラジル)

遠い距離からワンツーを放つノイに対し、ババルはローを見せる。再びワンーで前に出たノイ、ババルは組みつくも逆にケージにおしこまれる。ノイは距離を取り、ババルのローにパンチを合せるが、やや軽いか。離れたババルにノイがローを放ち、ババルは左フックを打ち込む。ババルのローにまたパンチを合せたノイ、続く左フックから右ストレートはバックステップでかわされる。

ババルのダブルレッグをその後も2度に渡り防いだノイが、逆にケージに押し込んでいく。ここでババルのヒザ蹴りが急所に当たり、試合が中断する。たっぷりと回復に時間を掛けたノイ。再開後、ノイの右ストレートのカウンターが決まりババルが下がる。左ミドルから前に出るババルだが、左フックを受ける。左ローから前蹴りと蹴りを多用するババル、ここで攻め手は少ないがノイの勢いが上回ったように見えた初回が終了した。

2R、近距離の攻防で首相撲からヒザを狙うも空振りし、パンチを受けたババルが組みつくも、すぐにケージに押し込まれる。ここで再びヒザ蹴りがノイの急所を掠め、ノイがインターバルを要求、再開後にババルが左を伸ばす。ババルは左を狙ったが、逆に左フックを受け後退。ノイも攻め急がず、ババルの前進に距離とり左フックを受ける。

自ら攻める機会がほとんど見られないノイは、ババルの前進にカウンターを狙っていく。右を打ち込んだババルだが、すぐに右を受ける。ノイは自ら前に出て左フックを振るい、すぐに下がる。残り10秒、ババルは「前に出て来い」とケージ際で両手を広げるも、ノイは挑発に乗らず2Rが終了した。

最終回、ババルの右ローに左フックを合せたノイは、テイクダウン狙いにも体を入れ替えてケージにババルを押し込んでいく。距離をとったババルは、残り3分30秒でダブルレッグを仕掛けるが、結局30秒間力を使い距離を取り直すはめに。ノイの右ストレートに続く、左フックを受けて体が沈んだババル。自らパンチを振るうが、頭が下がっている。

ノイは右ストレートをヒットさせ、左ジャブから右ストレートを打つ。ラッシュを掛けるという風ではない。残り90秒、足元がおぼつかない状態で、ババルが距離を取るのを見て、レフェリーが試合をストップ。ノイがキング・モー×セス・ペトルゼリの勝者とライトヘビー級Tの決勝を戦うことになった。