<ヘビー級T準決勝/5分3R>
ブライアン・マルチネス(米国)
Def.1R2分19秒by TKO
リック・ヘール(米国)

左ジャブを伸ばすヘール、サウスポーのマルチネスは左ボディストレートを見せる。左ローは放ち、間合いを計るヘールだが、マルチネスが右を振るいながら距離を詰める。そのまま組みついてテイクダウンを奪ったマルチネスは、ヘールの腕十字を外し、左のパウンドを思い切り打ち込むと、ヘールの動きが止る。左右のパウンドを落すとヘールの動きがすぐに止まる。そのまま左右鉄槌気味のパンチを連打したマルチネスが勝利、決勝進出を決めた。