ご冥福をお祈りします - ジェームズ・ガンドルフィーニさん
 - Vera Anderson / WireImage / Getty Images

写真拡大

 人気ドラマシリーズ「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」で主人公トニー・ソプラノを演じた俳優のジェームズ・ガンドルフィーニさんが、イタリア・ローマでの休暇中に死去した。享年51歳。同シリーズを制作した米ケーブルテレビ放送局HBOが認めた。


 Varietyによると、ジェームズさんは現地時間20日に第59回タオルミーナ映画祭に出席する予定で、イタリアに滞在していた。死因は心臓発作とみられている。


 ジェームズさんは、イタリア系マフィアのボスとその周囲の人々を描いたドラマシリーズ「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」のトニー役でエミー賞を3度受賞。近年はブラッド・ピットと共演の映画『ジャッキー・コーガン』、『ゼロ・ダーク・サーティ』などに出演していた。


 HBOは「われわれは家族の一人を失い、ショックを受け、計り知れない悲しみに襲われています。彼は特別で素晴らしい才能を持ちながら、誰にでも優しく接し、皆に愛される人でした。われわれの心は、悲しみの中にある彼の妻、そして子どもたちと共にあります。本当に残念としか言えません」との追悼コメントを発表している。(編集部・市川遥)