外回りで注意! 紫外線基礎知識

写真拡大

「紫外線はシミ・しわ・くすみの大敵」なんていう言葉はよく聞きますが、本当に紫外線って悪さばかり起こすものなのでしょうか。また紫外線をブロックすると、どんな効果があるのでしょう。知っているようで知らない、紫外線の基礎知識をおさらいしてみました。

■紫外線は、波長が短くエネルギーが高い光のこと

太陽の光は大気のオゾンを通して地球に届きます。オゾン層では紫外線の大部分をブロックしてくれているのですが、その内の1割程度は地表にも届きます。紫外線の中にはUV-A、UV-B、UV-Cと呼ばれる三種類の光線があり、地球に届いているのは、UV-A、UV-Bの二種類です。

一般的に紫外線の肌への影響が大きいとされているのがUV-Bと呼ばれる光線です。日焼けやがんの原因とされています。UV-AはUV-Bほどは影響が少ないものの、長時間浴びると肌の老化につながりやすいと言われています。

■紫外線には病原菌を殺す力がある

「日光消毒」という言葉がありますが、これは紫外線の力を利用して殺菌する、昔からの生活の知恵。布団を干すとき、洗濯ものを干すときは紫外線の力を借りています。また日常生活だけではなく、紫外線は医療現場や研究分野でも殺菌用に利用されています。

民間の施設では温泉やプール、岩盤浴などの施設でレジオネラ菌を殺菌するのにも紫外線が用いられています。

■日焼け、しわ、シミの原因になる

「光老化」という言葉をご存じでしょうか。光老化は紫外線障害をあらわす言葉で、紫外線から体を守ろうとして、皮膚がゴワゴワになったり、色が濃くなったりすることを言います。お年寄りにシミやしわがある部分と、まっしろな部分があるのは、紫外線を浴びた量の違いによるものなのです。光老化を防ぐには、日頃からの紫外線対策がとても大切です。

■ビタミンDを皮膚で合成する、手助けをしてくれる

紫外線は皮膚でビタミンDをつくる手助けをしてくれます。皮膚でつくられたビタミンDは、ビタミンDを運んでくれるタンパク質と結びつきやすく、食事で摂取するよりも早く体の中に行き渡ります。

ただし日光を浴びすぎるのは危険です。ビタミンDはふだんからバランスのとれた食事をとっていれば、あとは手の甲(こう)ほどの皮膚面積に、15分間日光を浴びる、又は日陰で30分ほど過ごすだけでも十分な量が確保できます。

つまり日常生活で、太陽光の下を歩く機会があるくらいで、紫外線からもらうビタミンDは十分確保できるという訳なのです。くれぐれも紫外線の浴びすぎには注意です。

■紫外線が深い関係を持つと言われるもの

紫外線が深い関係を持つとされているものに、良性・悪性腫瘍、白内障、免疫機能低下、角膜炎、皮膚がんなどがあります。皮膚がんに関しては、少なくとも日本人は紫外線による健康被害は少ないと言われています。

しかし欧米(おうべい)の肌の白い人たちは紫外線の影響を強く受けやすく、皮膚がんの原因になることが多いようです。皮膚がんは皮膚のDNAを紫外線が傷つけ、それが度重なり、肌本来が持つ修復機能が壊れることで起こります。また、それ以外の病気にも紫外線が体の働きを邪魔したり、紫外線を浴び続けたりすることで体に悪影響を及ぼすことがあります。

環境省に、正しい紫外線の知識や対策について広くPRするためのマニュアルがあります。紫外線対策や紫外線の影響について、もっと知りたいという方は一度確認してみてください。

・環境省「紫外線環境保健マニュアル」