【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ボンバザル」

写真拡大

●クリア不可能!

(画像:YouTubeより)
(C)イメージワークス

「ボンバザル」は1988年にイメージワークスから海外のゲーム機やパソコン版としてリリースされたパズルゲームです。

マップ上の爆弾と地雷を全て破壊するのが目的で、爆弾の上に立つと起動することができ、爆発のカウントが0になった後に1マスだけ動けます。

また爆弾や地雷には大中小という大きさの違いがあり、爆発させた時に広がる爆風の大きさが異なり、小型の爆弾以外は起動した後に歩いて爆風から逃げられない為、小型の爆弾による爆風やステージの仕掛けを利用して間接的に爆破する必要があるという点が肝です。

※ボンバーマンに概念は近いかも!

その特異なゲーム性もさることながら、後述する問題点から別の意味で話題になりました。
●ボンバザル 040 6051

スーパーファミコン版もリリースされているのですが全100面のうち、絶対にクリア出来ない面が1面あり、それを見付けてハガキを送るとプレゼントが当たるというキャンペーンがありました。

(ちなみに80面です)当時は「デバッグが適当で、クリア出来ない面があったときに、その言い逃れをするためでは?」という憶測が流れましたが…。

しかしながら、その80面もバグ利用(に近い方法)でクリア出来てしまったためキャンペーン自体が成立しないという2段階のオチがついてしまいました。

バグもここまでくれば元に戻って正しくなる、例えるなら、昔の「テレビを叩くと直る」という感じで…。


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「俺の校長」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ザ・スクリーマー」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ミシシッピー殺人事件」
【懐かしいゲーム特集】「一休さんTHEクイズ」