さて、誰のメガネか分かる? 有名人をメガネだけで表現した作品

写真拡大

メガネはときに、人を強く印象付けるアイテムとして働くことがありますが、今回ご覧いただく作品はまさに、そのいい例かもしれません。

ご紹介するのは、アートディレクターでウェブデザイナーのFederico Mauro氏による作品、『Famous Eyeglasses』。有名人をメガネひとつで表現したこちらの作品、アプローチ法が非常にユニークですよね。

氏によって取り上げられたメガネは、一目で誰のものかわかるものから、その名を聞くまで判別不能なものまで、実に様々。

たとえばこちらは、ジョンレノン。

特徴のある丸メガネはもはや、世界中の誰しもが「ジョンだ!」とわかるビジュアルですものね。こちらはとてもわかりやすい例だといえるでしょう。

一方でこちらの何の変哲もない黒ぶち眼鏡は、映画監督のウディ・アレン。

一目見て、もしもすぐに誰のものかわかったというのならば、あなたはかなりのメガネ上級者かもしれませんよ。

そのほかのラインナップも、一目見てなかなかそれとはわからないものが、ちらほら。さて、あなたはこのメガネ、誰のメガネかわかるかな?

(文=田端あんじ)

参考元;Federico Mauro


画像をもっと見る