最悪の父親としてリストアップされたダースベイダー写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

6月16日の父の日を記念し、米WEBサイトThe Wrapが映画やテレビに登場する最悪の父親をリストアップした。

実の息子の腕を切り落とすダース・ベイダー(「スター・ウォーズ」シリーズ)や、ことあるごとに息子バートの首を絞めるホーマー・シンプソン(「ザ・シンプソンズ」)などが挙げられている。反面教師として、参考にするのもいいかもしれない。

映画に登場する最悪の父親は以下の通り。

▽「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」ダニエル・プレインビュー(ダニエル・デイ=ルイス)
▽「ボーイズ・ライフ」 ドワイト・ハンセン(ロバート・デ・ニーロ)
▽「イカとクジラ」 バーナード・バークマン(ジェフ・ダニエルズ)
▽「レスラー」 ランディ・ロビンソン(ミッキー・ローク)
▽「マチルダ(1996)」 ミスター・ワームウッド(ダニー・デビート)
▽「ゴッドファーザー」シリーズ マイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)
▽「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」  ロイヤル・テネンバウム (ジーン・ハックマン)
▽「ブロウ」 ジョージ・ユング(ジョニー・デップ)
▽「スター・ウォーズ」シリーズ  ダース・ベイダー

■関連記事
新「スター・ウォーズ」クランクイン時期をJ・J・エイブラムスが明言
フランシス・F・コッポラ監督、新作はイタリア系アメリカ人家族の大河ドラマ
米人気アニメ「シンプソンズ」にお尻禁止令
父の日記念「映画史に残る最悪な父親10人」
映画史に残る酔っぱらい50人 英誌が選出