まずトイレに逃げ込みました - ヒョヌ
 - Copyrights(C) Jpictures Syndicate

写真拡大

[韓国 17日 JPICTURES]6月17日、ヒョヌが映画撮影の中で気を失うところだったエピソードを明かした。


 映画『The Web Toon:予告殺人』のマスコミ配給試写会がソウルCGV往十里(ワンシムリ)で開かれ、キム・ヨンギュン監督、主演俳優のイ・シヨン、オム・ギジュン、ヒョヌが参加した。


 ヒョヌは「イ・シヨン、クォン・ヘヒョ先輩と撮影中、恐ろしい体験をした。とても遅い明け方だったが、妻役で出演する先輩が控え室で眠っていらっしゃったのを知らなくて、控え室に入った。幽霊のメイクをして眠っているのを見て気を失うところだった。すぐトイレに駆け込んでしまった」と言って笑いを誘った。ヒョヌは「メイクのためにたくさん驚いた記憶がある」とほかの現場エピソードも披露していた。


 『The Web Toon:予告殺人』は人気ウェブ漫画作家の作品とまったく同じ連続殺人事件が実際に発生し、隠された衝撃の秘密が徐々に現れていくスリラー。映画『赤い靴』のキム・ヨンギュン監督がメガホンを取り、イ・シヨンが人気漫画作家ジユン役を、オム・ギジュンが推理力のある刑事ギチョル役を務めた。韓国で27日に公開予定。(Jpictures Syndicate)