世界最高アルコール度数の蒸留酒でほろ酔いだった? 哀川翔

写真拡大

 俳優の哀川翔が19日、シネマート六本木で行われた映画『欲望のバージニア』の女性限定公開記念イベントに出席し、愛妻家で善き家庭人とも知られている哀川の夫婦円満の秘訣(ひけつ)を語った。


 禁酒法の時代を生きる男達の生きざまを描いた本作にちなみ、芸能界のアニキとして登場した哀川。トークでは「昔20人にボコボコにされたことがある」といった過去のやんちゃ話から家族の話題まで話がおよび、MCから夫婦円満の秘訣(ひけつ)を聞かれると「結婚するときに別れないことを約束して結婚したからね」と明かした。


 MCが思わず「普通みんなしていませんか?」と尋ねるも、哀川は「みんな別れるとは思っていないからそういう(しっかりとした)やりとりしていないでしょ」とサラリ。昨今芸能界では離婚問題が世間を騒がせているが、「うちは夫婦げんかもするけど別れる可能性があることは全部フタをして、別れないことが前提だから」と説明。続けて、「結婚するときも、別れないことを約束するなら結婚しようってしたからね」と男気あふれるエピソードを披露した。


 イベントの最後には禁酒法の時代を描いた本作にちなみ、アルコール度数96パーセントという蒸留酒スピリタスがグラスに入って登場。哀川はこれを一気に飲みほすと、むせながら「すごいね。ハンパねー」と絶句。事前の打ち合わせでは水で割って飲む予定だったというが、「みんなを前にしていたら、いけんじゃないかと思って」とほろ酔い状態で会場を後にしていた。



 同作は禁酒法時代のアメリカを舞台に、密造酒業界で名をはせた実在の無法者・ボンデュラント3兄弟の強烈な復しゅう劇を描いた犯罪ドラマ。シャイア・ラブーフ、トム・ハーディ、ガイ・ピアース、ゲイリー・オールドマンらが出演している。(取材・文:中村好伸)(取材・文:中村好伸)


映画『欲望のバージニア』は6月29日より全国公開