福岡県博多に、新鮮ホルモン料理×釜焼きピッツァの「バル道」オープン

写真拡大

ディーアールは6月30日に、福岡県博多市に「イタリアンバル バル道 博多店」をオープンする。博多店は、2011年9月にオープンした東京の大井町店に続く2店舗目となる。

同社は「あの店に行くと、おいしい料理と元気な接客で楽しくなれる」という店作りを目指して展開。このほど九州に初進出し、博多に「イタリアンバル バル道」をオープンする。

看板メニューは、新鮮なホルモンを使ったビストロ料理。ホルモンは市場直送の新鮮なものをその日のうちに下処理する。フレンチシェフが試行錯誤の末に完成させた「スーパーマルチョウ 赤ワインMISOソース」や「洋風モツ煮」など、ワインとの相性も抜群な数々の料理を提供する。

注文ごとに専用窯で焼き上げる本格ピッツァはもっちりした生地のナポリタイプで、少人数からでも注文しやすいように小(1〜2人前・500円〜)と大(2〜3人前・880円〜)の2サイズを用意。系列ラーメン店のチャーシューを使った「ネギ味噌チャーシューピザ」や、博多店限定の「博多明太ピザ」もある。

また、ひとりからグループまで気軽に利用できるよう、クイック提供が可能な「速菜」メニューも280円から用意している。ピッツァは500円から、グリルの肉料理も680円からと、リーズナブルな価格を設定。ワインもオーガニックワインを中心に、約50種類そろっている。ワインの価格は、グラス500円〜、ボトル2,200円〜。

オープンは6月30日。同日から7月7日まで、営業時間は17時〜24時。7月8日〜21日には、深夜営業を開始。7月22日から、9時30分から営業を開始する。