リヴ・タイラー

写真拡大

『LOST』の製作者のひとりとして知られ、最近では『プロメテウス』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』などの脚本も手がけているデイモン・リンデロフ。その彼が新たに立ち上げた米HBOのドラマパイロットに、リヴ・タイラーが出演することになった。

ドラマのタイトルは『The Leftovers』で、トム・ペロッタ作の同名小説が原作。多くの人々が忽然と消失する"ラプチャー"と呼ばれる出来事が起きたあとの世界を舞台に、残された人々の生き様を描く。リンデロフは原作者ペロッタとともに、脚本と製作総指揮を担当。また、『バトルシップ』『プライド 栄光への絆』のピーター・バーグがパイロットを監督する。

本作でリヴが演じるのは、結婚を目前にしながら逃避を求め、謎めいたカルト集団に誘われるメグという女性。これまで『アルマゲドン』や『ロード・オブ・ザ・リング』三部作、『インクレディブル・ハルク』など数々の映画に出演してきたリヴだが、本作のシリーズ製作が決まった場合、TVドラマへのレギュラー出演は初めてとなる。

なお、本作の主人公となる警察署長ケヴィン・ガーヴェイを演じるのは、『幸せになるための10のバイブル』などの映画に出演し、『アイアンマン2』の脚本も手がけたジャスティン・セロー。このほか、クリストファー・エクルストン(『ドクター・フー』)や、アン・ダウド(『父親たちの星条旗』)などが共演することになっている。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』J・J・エイブラムスと中田ヤスタカが夢の楽曲コラボ! きゃりー・ぱみゅぱみゅも参加
大ヒットドラマの舵取りにともなう苦悩...『ウォーキング・デッド』の二代目ショーランナーが降板の心境を明かす
実現するの? ホルヘ・ガルシア「『LOST』映画版スピンオフに出たい」