東京海上日動あんしん生命、医療保険「メディカルKit R」の契約年齢を拡大

写真拡大

東京海上日動あんしん生命保険はこのたび、医療保険「メディカルKit R」(正式名称:医療総合保険(基本保障・無解約返戻金型)健康還付特則付加)の契約年齢を、7月18日より現在の”0歳から50歳まで”から”0歳から60歳まで”に拡大すると発表した。

また「メディカルKit R」の提供する”新しい保険のカタチ”が多くの顧客から支持された結果、1月22日(火)の発売から約4か月で販売件数が10万件を達成した。

「メディカルKit R」は、万一の入院・手術に備えながら、所定の年齢で健康還付給付金(所定の年齢(例えば70歳)までの保険料累計額から給付金累計額を控除した残額を顧客に返す)を受け取ることができる”新しい保険のカタチ”の医療保険。

現在、「メディカルKit R」は、加入できる年齢が50歳までとなっているため、多くの顧客から51歳以降でも契約できるようにしてほしいとの要望があったという。そこでこのたび、健康還付給付金を受け取ることができる時期を75歳・80歳とする新たなパターンを追加し、契約年齢を現在の「0歳から50歳」から「0歳から60歳まで」に拡大することでその声に応えたという。これにより、契約年齢が0歳から50歳までの健康還付給付金の返戻時期は70歳、契約年齢が51歳から55歳までの健康還付給付金の返戻時期は75歳、契約年齢が56歳から60歳までの健康還付給付金の返戻時期は80歳となる。

特長1 所定の年齢までに払い込みした保険料がリターン!所定の年齢まで、入院給付金等の受取りがない場合、払い込みした保険料が全額、健康還付給付金として戻ってくる。入院給付金等の受取りがあった場合でも、払い込みした保険料が支払った入院給付金額などの合計額を上回るときは、その差額が戻ってくる。

改定…契約年齢を現在の”0歳から50歳まで”から”0歳から60歳まで”に拡大

特長2 一生涯の医療保障を加入時のお手頃な保険料でリザーブ!健康還付給付金を受け取ったあとも、主契約の保険料は加入時のままで変わらず、医療保障は一生涯続く

特長3 病気やケガによる入院・手術もしっかり保障 より保障を充実させる特約も付加可能!入院は日帰り入院から、手術は公的医療保険制度の給付対象の手術を保障するなど充実。5疾病就業不能特約など、顧客のニーズにあわせて特約を付加