イケメン社員がPR 伊勢丹×スタイリストによる男の浴衣発売

写真拡大

 伊勢丹が6月19日、日本が誇る10人のスタイリストと制作したメンズ浴衣の販売を伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージでスタートした。初日は伊勢丹新宿店が誇るイケメン社員10名が新作メンズ浴衣を着用してデモンストレーションを実施。開店時間には、1階の正面玄関に並び客を出迎えた。

伊勢丹×スタイリスト男の浴衣の画像を拡大

 メンズ浴衣のイベント「ゆかた STYLIST MADE」では、浴衣の売上日本一の伊勢丹がファッションを知り尽くした日本のトップスタイリストとタッグ。祐真朋樹や熊谷隆志、渡辺康裕、大久保篤志、岡部文彦、馬場圭介、二村毅、長瀬哲朗、長谷川昭雄、山本康一郎が参加し、それぞれの感性で色や柄、着方を提案。日本の染色技法「注染」、「手捺染」、織りの技術「片貝木綿」、先端技術の「セオアルファ」と掛け合わせることによって、今までの浴衣の概念を超えた新しい男の夏のファッションを提案している。

 「ゆかた STYLIST MADE」の開催に合わせて、MD計画、宣伝部、紳士肌着など各部署からイケメンを選出。伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージで行われたデモンストレーションでは、選ばれたイケメン社員が自ら選んだ着たいゆたかを1人1人モデルとして着こなして、披露した。

 伊勢丹新宿店は2012年には、日本を代表する10ブランドのブランドとコラボレーションしてメンズゆかたを発売。「mastermind JAPAN (マスターマインド・ジャパン)」や「UNDERCOVER(アンダーカバー)」、「WACKO MARIA(ワコマリア)」などが参加し、初日には完売するゆかたが続出し、好評を得た。

■ゆかた STYLISTMADE
会場:伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ
会期:6月19日〜25日