プロ並みの料理ができる!?  和・洋・中のお助け3アイテム

写真拡大

一人暮らしでストックしておくと便利な、和食・洋食・中華の調味料&食品をご紹介します。カンタン&便利なこの3アイテムさえ揃えれば、料理の幅がグッと広がり、偏りがちな一人暮らしの食生活も改善されるはず。簡単なレシピも紹介しているのでぜひお試しを!



■中華の万能調味料『味覇(ウェイパー)』

ネット上でも「最強の調味料」との呼び声高いのが、廣記商行の『味覇(ウェイパー)』。鶏骨、豚骨、野菜エキスとスパイスを配合した、ペースト状の万能調味料です。スープに、野菜炒めに、炒飯に少量加えるだけで、まるでお店で食べるような本格中華の味わいが家庭で再現できます。また、中華だけでなく、固形コンソメの代わりに使うという人も。

『味覇』をお湯で溶かしてスープを作り、そこにお好きな野菜(カット野菜が便利!)を入れてひと煮立ちさせて、コショウ少々で味を調えれば完成。『味覇』自体に塩味が付いているので、塩は加えないこと。また、『味覇』は入れすぎると塩味がきつくなるので味見しながら調整を!

■和食を手軽に! 濃縮タイプのめんつゆ

“砂糖&醤油”、あるいは“みりん&醤油”の代わりに大活躍なのが濃縮タイプのめんつゆ。あまり料理をしない人にとって、砂糖(またはみりん)と醤油の配合バランスを考えて味付けするのは難しいけれど、めんつゆを使えばそんな心配は不要です。本来の目的通り、そばやうどんなどのつゆとしてはもちろん、煮物や鍋、炊き込みご飯などの味付けにも使えます。

冷凍のさといもを水で希釈しためんつゆを鍋に入れてひと煮立ちさせて、鶏肉を加えて汁気がほとんどなくなるまで煮るだけでOK。

■アレンジしてもOK!『キャンベル・スープ』

濃縮スープが缶詰になった『キャンベル・スープ』。オニオングラタンスープ、コーンスープ、クラムチャウダー、ミネストローネなど種類も豊富に揃っています。水や牛乳を加えて温めるだけで美味しくいただけるのですが、パスタのソースにしたり、お米を加えてリゾット風にしたり応用範囲も広いんです。いろんな味をストックしておくと便利ですよ。

ミネストローネ缶をお好みの濃さまで水で薄めて、ちょっと固めに炊いたお米を入れてひと煮立ちさせ、粉チーズをかけるだけで完成。クラムチャウダーやクリームマッシュルームでも美味しくできます。

ご紹介したものは、大手スーパーに行けばだいたい手に入りますのでぜひ揃えてみては?料理はあまりしないという方は、まずはご紹介したレシピを試してみてください。慣れてきたら、自分でいろいろアレンジしてみると面白いですよ。