ルミネ日本のものづくり発信プロジェクト第1弾はrooms地場産ショップ

写真拡大

 ルミネが、日本のものづくりを発信するためのプロジェクト「KOKO LUMINE(ココルミネ)」を立ち上げた。テーマは、「産地支援」「地域共生」「復興支援」。第一弾企画として、アッシュ・ペー・フランスが企画する「rooms(ルームス)地場産 SHOP」を6月27日から8月4日までの期間限定でルミネエスト新宿にオープンする。

ルミネの新プロジェクトの画像を拡大

 「KOKO LUMINE」は3つのテーマをもとに、日本のものづくりの大切さやその背景を伝え発信することを目的にスタートした全館共通プロジェクト。物販・食品催事やワークショップ、イベント、展示等を通じて文化の継承に努めていくという。プロジェクトのタイトル「KOKO LUMINE」は産地や地域を示す「ここ」と職人の「こころ」から名付けられ、ロゴデザインにはルミネのコーポレートカラーのブルーと、日の丸の赤と白の3色を使用した。

 「KOKO LUMINE」第1弾の「rooms 地場産 SHOP」では、合同展示会「rooms」を主催するアッシュ・ペー・フランスが提案する日本各地の地場産品を販売。岩手の伝統技術を取り入れた「コシェルドゥ」の「鳥のバッグ」や、福島産「渡辺だるま」のカラフルな「豆だるま」、手ぬぐい、ポーチなど、多彩なアイテムを取り扱い、地場産品の価値を身近なアプローチで発信する。

■rooms 地場産 SHOP
 期間:2013 年6月27日(木)〜 8月4日(日)
 場所:ルミネエスト新宿 新宿駅中央東口横