「スポーツ」はいつから自己啓発になったか-3-

写真拡大

■TOPIC-3 メダリストはいつから本を出すようになったのか

『出版指標年報』のベストセラーランキングをみる限りでは、1990年代にスポーツ関連書籍のベストセラーはありません。他のランキングをみると、サッカーの中田英寿さんによる『中田語録』がランクインしている場合もあるのですが、これは次回とりあげることとし、ここでは2000年、久々に『出版指標年報』のランキングに登場した著作をとりあげることにしましょう。

それはマラソン指導者の小出義雄さんによる『君ならできる』です。みなさんご存じだとは思うのですが、小出さんは2000年シドニーオリンピックの女子マラソン金メダルをとった高橋尚子さんの指導者でした。

『君ならできる』の基本的な性格はエッセイです。章のタイトルに「人を育てる魔法の言葉」「心は鍛えるほど強くなる」といった文言が並び、文中にも「人間の器(うつわ)と可能性を広げるには、物の見方、考え方から始めなければならない」(18p)、「私のやり方は、選手自身に『自分がいちばん強いんだ』という自信を持たせるようにすることだ」(81p)、「夢を持つことが大事なのだ。夢があれば強くなれる」(214p)等、教訓めいた話や指導者論が散見されるのですが、紙幅の多くを占めているのは、指導者としてその身のまわりに起きたエピソードでした。

小出さんの著作を読みながら、私は一つのことを考えていました。TOPIC1・2でみた野球、あるいは長谷部誠さんの『心を整える。』等のベストセラーを輩出しているサッカーばかりでなく、その他の競技に関わる人々、特にオリンピック・メダリストによる著作も、書店でしばしば目にするような気がする。そしてそのタイトルにはしばしば「○○力」など、啓発的な言葉が冠されているような気がする。このような、オリンピック・メダリストが啓発的な書籍を刊行するというのは、昔からなされていることなのだろうか——。

このような単純な思いつきにしたがって、金メダル数と、オリンピックの翌年までに自著を出版した金メダリストの人数を集計したものが下図です(煩雑になるため、団体でのメダル獲得者は自著出版者にはカウントしていません)。青がメダル数、赤が自著出版者数なのですが、どの大会でも自著を出版する人の数は少ないとみることができます。

ここ3大会について、金メダルだけでなく、銀・銅メダル獲得者も含めて調べ直してみると、2004年アテネ大会は総メダル数37に対して翌年までの自著出版者はたった1人(比率にして2.7%)、アーチェリー・山本博さんの『最後は願うもの——41歳の銀メダル』のみでした。

これが2008年大会では、総メダル数25に対して3人になります(比率にして12.0%)。柔道の石井慧さん、水泳の北島康介さん、フェンシングの太田雄貴さんです。ただ、石井さんの場合は、『石井魂——「金メダルを捨てた男」が明かす“最強”への道』という著作タイトルからもわかるように、純粋にメダリストとしての軌跡を描いた著作ではありません。

2012年ロンドン大会では、総メダル数38に対して6人となります(比率にして15.8%)。柔道の松本薫さん、ボクシングの村田諒太さん、レスリングの小原日登美さん、水泳の入江陵介さん、寺川綾さん、松田丈志さんです。全員が出版するというわけではありませんが、徐々に、メダリストの自著出版率が上がっているように思います。

■メダリストは何を語っているのか

さて、近年のメダリストの著作を紐解いてみることにしましょう。まずみたいのは松本薫さんの『夢をつなぐ』です。同書の奥付には2012年12月5日発行とあります。松本さんが金メダルを獲得したのは同年7月30日ですので、かなり短い期間で出版交渉から執筆、出版までが一気になされたといえます。このような短期間での制作によるものかはわかりませんが、同書は本人へのインタビュー、父親へのインタビュー、所属先柔道部の監督インタビュー、編集サイドによる解説文などが入り交じった構成となっています。

小原さんは夫の康司さんと共著で『絆があれば、どこからでもやり直せる』という著作を刊行しています。連載でここまで扱ってきたどの著作とも異なる、二人の語り手が幾度もバトンタッチしながら、二度の引退を経て金メダリストになった日登美さんの人生を語っていくというスタイルの著作です。

寺川さんの『夢を泳ぐ。——寺川綾公式フォトエッセイ』は、そのサブタイトルが示すように、グラビアとエッセイが半々という構成になっています。ただそのなかに、平井伯昌コーチに教えられた、目標を明確に描き、そこに至るために何をすべきかを考えるといった思考法の話がでてきます。

これはメダル獲得の直後ではありませんが、同じく水泳の北島さんが2011年に出版した『前に進むチカラ——折れない心を作る7つの約束』においても、平井コーチ経由での思考法の話が登場します。北島さんの著作で目を引くのは、メンタルトレーニングや目標設定について実に理路整然と自分の考えを述べているところです。たとえば次のような言及があります。

「何よりも大切にしなければいけないのは、まずはしっかりと自分の気持ちと向き合うことだ。自分が何をしたいのか、どうなりたいのか。新しいアクションを起こすには、まずしっかりと自分の気持ちを確認しなければならない。中途半端な気持ちで足を踏み出すと、そこから得るものも中途半端になりがちだ」(20p)
「人生にはいろいろな選択肢がある。その選択に責任を持てるのは、結局自分自身でしかない。『あの人がこう言ったから』、『常識的に考えると……』、そこに言い訳があるとすれば、その選択が間違っていたと思った時に後悔することになるのではないだろうか。そうならないための方法が『とことん素の自分と向き合う』ことだと僕は思っている」(52-53p)

章のタイトルも、「進化のための変化を恐れない」「やるべきことに優先順位をつける」「体の声、心の声に耳を傾ける」「プレッシャーを力に変える」「頑張りすぎない勇気を持つ」といったものが並びます。具体的に、目標設定のあり方として示されるのは「まずは要素を一つ一つ整理して、『何を』『いつまでに』『どこまで』達成すべきかを考えていくと、自分の課題がクリアになっていく」(82p)という、自己啓発書一般でよくみられる「夢をかなえる」技法です。

一方、これもメダル獲得直後ではありませんが、ハンマー投げの室伏広治さんによる『超える力』では、「自身の軌跡を整理する」(8p)とあるように、競技生活の中で起こった出来事とそれぞれについて考えたことが淡々と語られていきます。室伏さんはトレーニングについての独自の哲学をもっている、といったことがしばしばメディアで紹介されますが、自著ではハンマー投げから切り離され一般化された教訓が語られることはなく、自伝的なスタイルで自らのハンマー投げに関する考えと出来事がただ綴られています。

■意識的な「啓発」への誘導

さて、ここまでみてきましたが、一言でいうと、傾向はバラバラです。インタビュー、エッセイ、啓発的なハウ・トゥ本、自伝等々。メダリストという超一流のアスリートであるからといって、同じように自著の内容が自己啓発的、求道的であるわけではないということです。

これは近年のいわゆる「なでしこ」、女子サッカー選手の手がける著作でも同様です。澤穂希さんは自伝(『ほまれ』)、夢を叶えるためのハウ・トゥ(『夢をかなえる。——思いを実現させるための64のアプローチ』)、リーダーシップ論(『負けない自分になるための32のリーダーの習慣』)とさまざまなタイプの著作を手がけています。また、丸山桂里奈さんは『逆転力——マイナスをプラスにかえる力』という「逆転の一言」が各節の終わりに示される自伝的エッセイを、川澄奈穂美さんは『夢をかなえるチカラ——なでしこ☆川澄奈穂美の笑顔の秘密』というブログ記事を主体としたエッセイを、それぞれ刊行しています。

TOPIC-1で述べたことを改めて繰り返しておくと、スポーツ関連書籍は、タレント本の要素を強くもっているといえます。だからこそ、フォトエッセイやブログの書籍化といった、ファンブックのようなスタイルが可能になるわけです。しかし、こうした書籍のタイトルには「夢を泳ぐ」「夢をかなえる」といった言葉が並び、自伝やエッセイの節・小見出しにも啓発的な文言が並びます——最も多くみられる言い回しは「あきらめなければ夢はかならずかなう」というものです。加えて近年では、太字でこうした「重要な言葉」が強調され、また1ページを使って、大きな文字で「名言」がピックアップされる、といった編集が加えられています。

スポーツ関連書籍の読者は、以前からそれらを読んで、思い思いに自らの糧としてきたのだと考えられますが、近年の傾向はそうした営みが意識的にさせられようとしている点で、かつてと異なっていると考えられます。好きなスポーツ選手や監督の著作を読んで、自由に自らの糧とするのではなく、啓発的なタイトルが冠され、また重要な言葉があらかじめピックアップされ、啓発されるべき言葉へと誘導されるという現状——。いわば、スポーツが自己啓発の言葉と、自己啓発に誘導するような書籍制作の手法に包囲されているようにみえるのです。

こうした現状は、私たちが自由に、純粋にスポーツをみて楽しむことをむしろ阻害しはしないでしょうか。いや、おそらくこのような私の考えは時代遅れなのでしょう。いまやスポーツをみるという行為は、ただ素晴らしいプレーをみるという行為ではなく、選手がそこまでにたどってきた人生の物語を、そこまでに行ってきた自己啓発や鍛練を、そしてそのタレント性を、選手が勝負を賭けるその瞬間に一緒くたに消費する行為になっているのでしょう。2011年、「プロサッカー選手、初の自己啓発書」と明確に銘打った本が登場し、100万部のベストセラーとなります。

----------

『君ならできる』
 小出義雄/幻冬舎

『最後は願うもの――41歳の銀メダル』
 山本博/ジャイブ

『前に進むチカラ――折れない心を作る7つの約束』
 北島康介/文藝春秋

『超える力』
 室伏広治/文藝春秋

『石井魂――「金メダルを捨てた男」が明かす“最強”への道』
 石井慧/講談社

『夢をつなぐ』
 松本薫/アスペクト

『絆があれば、どこからでもやり直せる』
 小原日登美・小原康司/カンゼン

『夢を泳ぐ。』
 寺川綾/徳間書店

『ほまれ――なでしこジャパン・エースのあゆみ』
 澤穂希/河出書房新社

『夢をかなえる。――思いを実現させるための64のアプローチ』
 澤穂希/徳間書店

『負けない自分になるための32のリーダーの習慣』
 澤穂希/幻冬舎

『逆転力――マイナスをプラスにかえる力』
 丸山桂里奈/宝島社

『夢をかなえるチカラ――なでしこ☆川澄奈穂美の笑顔の秘密』
 川澄奈穂美/小学館

----------

(牧野 智和=文)