『ニュースルーム』

写真拡大

実際に起こった事件や事故を扱い、架空の報道番組の舞台裏を描く米HBOの社会派ドラマ『ニュースルーム』。日本でも人気のこのドラマを米FOX Newsがなんと、"左翼がかっている"と驚きの発言をしたという。

米TV Guideによれば、この発言が飛び出したのは、FOX ニュースの『The Five』 という番組でのこと。ニュース番組の司会者やラジオのパーソナリティが集まり、政治やカルチャーなどの話題について、忌憚ない意見をぶつけ合うことで人気がある番組だ。

ディスカッションに参加したコメンテイターらは、7月中旬から放映予定の『ニュースルーム』シーズン2で取り上げる題材が、ティーパーティ運動やアメリカ財政界や政界への抗議団体"ウォール街を占拠せよ"など、政治色が強くなっていることを指摘。さらに、共感できる保守派の人物が登場しないことから、当番組はリベラル派をもてはやし、左派に傾倒しているのではないかと危惧しているようだ。

『The Five』の出演者で当局の人気キャスターでもあるグレッグ・ガットフィールドは、「個人の自由を重んじるあまり、番組はそのうち連続殺人鬼のジェフリー・ダーマーや、クリーブランドの女性誘拐犯アリエル・カストロのことも、ただの変人として取り上げることになるんじゃないか」と、痛烈に皮肉っている。

本職のニュース番組からダメ出しをくらってしまった『ニュースルーム』。しかし、そんな批判があることも注目されている証拠!? 報道番組にたずさわる人々の情熱と葛藤を、現実の世界を想像しながら楽しむのもいいかもしれない。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『スパナチュ』のローレン・トムが『ニュースルーム』にゲスト出演
ジャーナリスト・鳥越俊太郎が報道番組の舞台裏を語る 『ニュースルーム』試写会&トークショー
新作ドラマ『ニュースルーム』第1話先行無料配信は明日から!