WhatやWhereで尋ねるのはNG!? 意外と知らない失礼な英語表現

写真拡大

初対面の人と話すときには、敬語を使うのがマナーです。英語にも敬語はあるのでしょうか? 元国際線のキャビンアテンダントで、国際的なマナーなどとともに英語を教えるオフィス・グレース代表の荒井弥栄さんに、英会話上達法を教えていただきました。

――英語にも敬語はあるのでしょうか?

荒井さん「フォーマルな場にふさわしい表現と、カジュアルな英語が存在します。初対面の方にはフォーマルな英語を使うことが望ましいのですが、誰に対してもカジュアルな英語で話しかける日本人は多いですね。

例えば、電話番号を教えてもらいたいとき、『What's your phone number?』と尋ねるのはNG。これでは『電話番号は?』とぶっきらぼうに聞かれているととらえられてしまうでしょう。

フォーマルな英語表現では、『May I have your phone number?』(お電話番号を教えていただけますか?)。疑問詞で尋ねると失礼にあたるので注意してください」

――疑問詞がNGとは知りませんでした。

荒井さん「決して間違った表現ではありませんが、カジュアルに聞こえてしまうのです。ビジネスはもちろん、旅行先のホテルやレストランでも、フォーマルな英語を話した方が相手に好印象を与えられますよ。

お手洗いの場所を尋ねるときも、『Where is the toilet?』では『便器はどこ?』と聞いているように思われてしまうでしょう。『Could you tell me where the bathroom is?』(すみませんが、おトイレの場所を教えていただけますか?)と、尋ねるのがスマートですね」

――知らないうちに失礼な英語を使っていないか、心配になりました。ほかにも、失礼な表現を教えていただけますか?

荒井さん「それでは、いくつかご紹介しますね。

『Why don't you join us?』(一緒にどうですか?)と誘われたけど都合が悪いとき、多くの日本人は『I can't.』と答えがちです。しかし、これでは『無理』と聞こえてしまい、拒否されたかのように感じてしまいます。

このようなときは、『I wish I could, but unfortunately I can't.』と回答するべき。『そうしたいのはやまやまですが、あいにく行けないのです』という気持ちを伝えることができます。

『Could you help me to do this?』(これを手伝ってくれませんか?)という依頼を断るときも、『I'm rather busy.』(ちょっと忙しいのですが……)と話した方がいいでしょう。『I'm busy.』だけでは、『忙しい!』と、怒っているように聞こえてしまいますからね」

――間違った表現も失礼になりそうですね。

荒井さん「相手に意図が伝わらないという意味では、決して丁寧とは言えませんね。

例えば、『Mr. Collin decided to fire Ms. Williams.』(コリン氏はウイリアムさんを解雇することを決めたよ)と告げられて、『そんなのウソだ!』と言いたかったとしましょう。『ウソ』という言葉をそのまま訳して『That's lie.』と言う方がいますが、『lie』には悪口のようなニュアンスがあるので伝わらない可能性も。

この場合、『That seems hard to believe.』(信じがたいですね)と言った方がいいでしょう」

●その他の失礼になりがちな英語表現

1.× Can you come tomorrow?(明日来れる?)

○ Would it be possible for you to come tomorrow?(明日いらしていただくことはできますでしょうか)

2.Would you like to try this cake?(このケーキを食べてみませんか?)と言われて断りたいとき

× No, I don't like it.(嫌です。私はそれが嫌いです)

○ I'm afraid I don't care for it.(あいにくそれが好きではないのです)

3.I feel like throwing up.(吐き気がする)とつぶやいた人に対する声かけ

× What's wrong?(どうしたの?)