『君子務本、本立而道生』(君子は本を務む…)【ビジネスシーンで使える論語】

写真拡大

人は何かした時には、正当な評価をしてもらいたいと思うものです。特に会社の仕事ではそうでしょう。しかし、残念ながら常に納得できる正当な評価が下されるとは限りません。もし、そんなことがあった時は、次の言葉を思い出してください。

『君子務本、本立而道生』(君子は本を務む。本立ちて道生ず)

君子とは、根本となる重要な意義や真実を求めることで努力するものである。そして、それがしっかりしていてこそ、初めて各々の進むべき道が見えてくるものである。

君子であれば、自分がやらなくてはいけないことを一生懸命に行うものです。自らの役割をキチンと果たしていればこそ、自分がこれから取り組むべき課題も見えてくるはずです。他人の評価に惑わされる必要はないということを言っています。

社会では、与えられた仕事はやり遂げる必要があります。中には、予想以上の成果を得ることもありますが、ただし、それが常に正しく評価されるわけではありません。そうした時に腐らず、自分がやるべきこと、やらなくてはいけないことをちゃんとしていれば、きっといつか道は開けます。そう信じて頑張ってください。