フォトブック発売記念イベントに出席した℃-ute矢島舞美

写真拡大

 人気アイドルグループ℃-uteのリーダー・矢島舞美が18日、新宿福家書店でフォトブック「マイミュージアム」の発売記念イベントに出席し、初の海外公演となるフランス・パリでの単独公演に向けて、フランス語を特訓していることを明かした。


 7月5日の単独公演に加え、同じくパリで行われる「Japan Expo」にも名誉ゲストとしての出演が決まっている℃-ute。矢島は「パリ公演が決まってすぐにフランス語の単語を覚えようと思って勉強したんですけど難しくて」と苦戦気味であることを明かす。


 フランス語については「まだ会話できるまでになってないですし、ライブとかで使える言葉も教えてもらったんですけど、難しすぎてすぐに忘れちゃったりするんです。でも、ボンジュールは言えるようになりました」と特訓の成果を口にする。そもそも「一度行ってみたいと思っていた国がフランス・パリだったんです。初の海外公演が決まって、その場所がフランスと聞いたときは夢だと思いました」と語った。


 9月には武道館での公演を控えるが、こちらにも相当気合を入れているといい、「内容はまだ決まってないんですが、スタッフから私たちにどんどん意見を出して欲しいと言われたので、水をまきたいとか、上から風船をまきたいとか、わたしもたくさんアイデアを出しています」と夢中になっている様子だった。


 この日のイベントには1,000人のファンが集結。「マイミュージアム」はこれまでの写真集と一味違い、矢島が自身の写真にビーズなどでデコーレーションし、一つの創作作品として仕上げた作品集でもある。「休みがあるとすごい地味ですが、家でものづくりをするんです。無地のノートに写真を貼り付けて装飾して自分のフォトブックを作ったり」と矢島。アイドルとしてだけでなく、クリエイターとしての新たな一面を見せていた。(取材・文 名鹿祥史)


矢島舞美フォトブック「マイミュージアム」は発売中