壇蜜に激似!小蜜こと副島美咲

写真拡大

 「小蜜」の異名で注目を集めるグラビアアイドルの副島美咲が18日、シネマート六本木で開催された海外ドラマリリース記念イベントにものまねタレントの小石田純一と共に来場し、壇蜜にメッセージを寄せた。


 副島は、今年3月まで放送されていた壇蜜の冠番組「業界用語の基礎知識 壇蜜女学園」に出演経験もあるグラビアアイドルで、壇蜜に激似であることから、「小蜜」の愛称で呼ばれている。海外ドラマのPRイベントに出席するのは初めてとのことで、「こういうイベントは人生初体験でしたけど、わたしなりに皆さんの股間を熱くすることができれば本望です」と過激なコメントで会場を盛り上げた。


 番組共演時には壇蜜からハンカチをプレゼントされたこともあるという副島だが、一部週刊誌では、勢いのついてきた副島に対して脅威を感じた壇蜜が共演NGを出したという報道がなされてしまった。そのことについて副島は困惑した表情で、「それが本当なのかわからないんですけど、もし本当ならわたしの壮大な夢がなくなってしまうんですよ」と報道陣に訴えかける。


 そして、壇蜜とタッグを組むのが夢だと切り出した副島は、「もちろんグラビア雑誌で、壇蜜さんの股間を隠すのはわたしだと思っているし、ゆくゆくはわたしと壇蜜さんとのタッグで、アメリカのプレイメイトたちと日米決戦をしてみたいと思っているんです。だからあきらめず、ぜひ壇蜜さんと共演させていただきたいと思います」とコメント。そしてカメラを通じて「壇蜜さ〜ん、一緒にハアハアさせましょ!」とメッセージを送った。


 今回のイベントは、アーサー王伝説を製作費60億円かけてエロティックに描いたアダルト歴史ドラマ「キャメロット 〜禁断の王城〜」と、15世紀末ルネッサンス期に毒蛇の一族として忌み嫌われたボルジア家を史実に沿って描く本格歴史劇「ボルジア 欲望の系譜」のリリースを記念して行われた。「エロス」「バブル(製作費が高い)」というキーワードにちなみ、エロス代表の小蜜とバブル代表の小石田純一が招かれ、野球拳や(アーサー)王様ゲームなど、エロスとバブルなイベントを通じて本作をPRした。(取材・文:壬生智裕)


「キャメロット 〜禁断の王城〜」は6月5日より、「ボルジア 欲望の系譜」は7月3日より発売開始 各7,980円(税込み)