トルコ政府、及びイスタンブール鉄金属・非鉄金属輸出企業協会は、6月18日(火)に東京・六本木のANAインターコンチネンタルホテル東京にて、「トルコ・キッチンウェアBtoB商談会」を実施した。
トルコのキッチンウェア製品は、特有のデザインと機能性、競争力のある価格などが高く評価され、イギリスやドイツ、フランス、ロシアなどのヨーロッパ各国を中心に世界約150カ国が販売、世界シェアも約4%を占めるなど、トルコにとっては継続的な成長が期待される輸出産業の1つである。今回の商談会は、日・トルコ経済連携協定(EPA)交渉に向けた共同研究開始にともない、新たな輸出先として日本市場開拓を目指して初めて企画されたもの。参加したトルコ企業(イスタンブール鉄金属・非鉄金属輸出企業協会所属企業)は12社。商談会には日本の商社やリテーラーなどのバイヤーが多数訪れ、トルコのキッチンウェア製品を見定めた。
なお今後は日本の関連見本市への共同出展なども視野に入れながら、日本市場開拓を進めていくとしている。