ジョセフ・ジュリアン・ソリア

写真拡大

クリステン・スチュワート主演のインディーズ映画『Camp X-Ray』に『アーミー・ワイフ』のジョセフ・ジュリアン・ソリア(ヘクター・クルス役)が出演することがわかった。

【関連特集】主役は軍人の妻!!『アーミー・ワイフ』の魅力に迫る

『Camp X-Ray』はキューバ・グアンタナモ湾を舞台にしたポリティカルドラマ。クリステン演じるコールは地元の小さな町を出るため軍に入隊、イラク駐留を希望するがグアンタナモ湾へ配属される。コールはそこで若い囚人と友情を育んでいく。THEWRAPによると、ジョセフはコールの仲間兵士の一人で、世間知らずで少しとぼけたリコを演じる。男らしさを全面に押し出す『アーミー・ワイフ』のヘクター役とは正反対なキャラクターのようだ。

ジョセフはこれまでにも『クローザー』、『BONES−骨は語る−』、『デクスター 〜警察官は殺人鬼』『CSI:マイアミ』『ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間』など人気シリーズへゲスト出演しているが、『アーミー・ワイフ』ではシーズン6よりメインキャラクターの一人、ヘクターを演じている。男らしく厳しく育てられたため男女の役割にこだわり、その保守的な考えから妻とも衝突が絶えない男ではあるが、人気キャラクターの1人である。

軍人の妻たちをリアルに描いたドラマ『アーミー・ワイフ』はひかりTVにて好評配信中。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『アーミー・ワイフ』ジェシー・マッカートニー、バックストリートボーイズのツアーに参加!
『アーミー・ワイフ』日本初上陸記念! 豪華家電があたる"妻"大喜びのプレゼントキャンペーン! 
【アメリカのTV局に潜入!企画】まさに女性のためのTV局、LifetimeTV