男性がデートで高級レストランの会計を割り勘する男性に思うこと「払うのが礼儀」「投資と思って」

写真拡大

男性からデートに誘われたらうれしいけれど、それが高級店ともなれば、少し身構えてしまう女性も多いはず。ある女性は、男性にサプライズで高級レストランに連れて行ってもらい、後からもうひとつの“サプライズ”に悩まされたのだとか。

■「友人が、好意をもってくれている男性にご飯を誘われて行ったら、高級レストランだった。誘った時点でどんなお店か伝えてくれたならそのつもりで多めにお金を用意していくが、何も言われなかったので当日お金が足りなかった。足りないぶんぐらいおごってくれてもいいのに、あとからきっちり請求され、冷めたので疎遠になったらしい」(食品・飲料/販売職・サービス系/2年目)

食事に誘ってくれるのはうれしいけれど、せめてどんなお店に行くかは事前に教えてほしいですよね。お誘いする男性の立場からすれば、こういうケースはアリなのでしょうか? マイナビニュースの男性会員280名に聞きました。

<回答>
この男性はケチ 71.1%
この男性はケチではない 28.9%

>>>「男性が誘った高級レストランで割り勘」は、81.9%の女性をガッカリさせる

■「この男性はケチ」と答えた男性の意見

・「ここは足らないぶんは払うのが礼儀。だって自分で店を選んだんだから」(31歳/金融・証券/専門職)
・「事前に言わないのはフェアじゃない」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「伝えずに高級レストランに行って、後で請求するのはおかしい。少なくとも同意を得るべき」(25歳/電力・ガス・石油/技術職)
・「ある意味、男を見せる絶好の機会なのに、そのチャンスをみすみす捨てた時点でケチ」(33歳男性/情報・IT/技術職)
・「彼女にするまでは、投資と思って負担するべき」(28歳男性/運輸・倉庫/技術職)

■「この男性はケチではない」と答えた男性の意見

・「おごってくれてもいいという発想自体、この女性の方がケチ」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「少しぐらい支払うべき」(25歳/人材派遣・人材紹介/営業職)
・「金額による。10万円も簡単におごれない」(29歳/自動車関連/技術職)
・「困らない程度に財布に金はいれておくべき」(32歳/マスコミ・広告/技術職)
・「単に好意をもたれていなかったと推測される。狙っている女には金を出すが、そうでない女には一銭も出さないのが男の正義」(36歳/人材派遣・人材紹介/経営・コンサルタント系)

男性視点でも、「ケチ」だと思う人が多いようです。一方で、「女性がおごってもらって当然という姿勢を見せたり、食事中に冷めるような行動をしたりしていたら、きっちり割り勘されても仕方がない」というシビアな意見も。一度はお互いに「デートOK」と感じても、デート中のちょっとしたすれ違いでダメになる……。男女の関係とは、かくもデリケートなものですね。

※『マイナビウーマン』にて2013年5月にwebアンケート。有効回答数280件

(OFFICE-SANGA)