アメイジング・スバイダーマン

写真拡大

アンドリュー・ガーフィールド主演でリブートされたアメコミ映画『アメイジング・スパイダーマン』の第4作目が製作されることがわかった。以前より、シリーズ3部作としての製作は知られていたが第4作目の製作が公に発表されたのは初めて。

米Hollywood Reporterが伝えたところによると『アメイジング・スパイダーマン』第3作目は2016年6月10日、第4作目は2018年5月4日に公開予定。米ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの副会長ジェフ・ブレイク氏は「『スパイダーマン』は我々にとって最も重要で、最も成功を収め、かつ最も愛されているシリーズ」と述べ「今後5年間にわたり同シリーズの公開が決定していることに喜びを感じる」と、今後5年間の安泰を確信したかのような自信たっぷりのコメントを出している。

2012年に公開された『アメイジング・スパイダーマン』は全世界で7億5,000万ドル(約710億円)を売り上げる大ヒットを記録した。サム・ライミ監督版との比較が取り沙汰されることの多かった第1作だが、続く2作目以降で同シリーズの真価が問われるのかもしれない。

現在ニューヨークでは『アメイジング・スパイダーマン2』の撮影中。前作に引き続きマーク・ウェブが監督を務める。こちらは2014年5月2日に公開予定。※文中のレートは1ドル=94円換算



■関連記事
サム・ライミ、FOXの新作ドラマ『Rake』のパイロット版で監督を務める
『バーン・ノーティス』ブルース・キャンベルがサム・ライミ監督の最新作に出演
スコセッシ監督、アンドリュー・ガーフィールド&渡辺謙の共演で遠藤周作『沈黙』を映画化