シリーズ最高視聴率の話題作『MAD MEN マッドメン』シーズン5 リリース決定!

写真拡大

エミー賞でドラマシリーズとして史上最多タイの4年連続作品賞に輝くという快挙を成し遂げ、世界中を魅了し続ける『MAD MEN マッドメン』。昨年3月に全米でシーズン5が放送開始されると、過去最高の視聴率を獲得、まだまだその勢いは止まらないといったところ。そんな話題のシーズン5のDVDがいよいよ9月3日(火)発売されることとなった。

60年代のNYを舞台に、広告マンたちの野心と欲望にまみれた日々を描いた『マッドメン』。登場人物たちは今シーズンも、職場でも家庭でも、思いもかけない数々の出来事に遭遇することになる。若く美しい秘書メーガン(ジェシカ・パレ)と再婚したドン・ドレイバー(ジョン・ハム)は、女遊びを自粛するようになる。しかし、前妻のベティ(ジャニュアリー・ジョーンズ)と住む長女のサリー(キーナン・シムカ)は思春期真っただ中で、難しい年頃。さらにジョーン(クリスティナ・ヘンドリックス)の結婚が破局すると、同じ頃にロジャー(ジョン・スラッテリー)の夫婦関係も危機に陥る。ペギー(エリザベス・モス)は職場で不満を募らせ、ある大きな決断をすることに...。

当時の時代背景をしっかりと反映しているのも、このドラマの魅力の一つ。60年代も半ばになった今シーズンでは、ドンが経堂経営するスターリング・クーパー・ドレイパー・プライス(以下SCDP)にも有色人種の雇用を求める波がやってくる。またクライアントにはジャガー、ハインツなど実在する企業も多数登場。広告キャンペーンに向けてドンと部下たちが思いつくアイデアにも注目したい。シーズン後半には、SCDP内の重要人物の死という、驚きの展開も待ち受けており、今シーズンも目が離せない!

『MAD MEN マッドメン』シーズン5はポニーキャニオンから9月3日(火)DVDリリース、レンタルも同日開始される。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
【ネタばれ】劇的変貌!? 『マッドメン』シーズン5ではあのキャラに異変が...
『MAD MEN』が「Hulu」で! オンライン動画配信サービス「Hulu」がポニーキャニオンとコンテンツ・パートナーシップを締結
『マッドメン』の看板広告に、9.11テロ犠牲者の家族が抗議