「Mine」(日本クラウン)

写真拡大

 5月にAKB48(以下、AKB)を卒業した河西智美(21)が16日、都内で2枚目のシングル「Mine」(日本クラウン)の発売記念ライブを行った。

 河西はこの日、金髪ヘアに花の冠を乗せ、カラフルなヘソ出し衣装で9曲を熱唱。「私の場合、ファンに心配をかけることがたくさんあって、みんなの支えがなければここまでやることができなかった」と過去の騒動に触れ、ファンへ感謝を述べた。

 河西といえば、AKB時代から体調不良を理由に、たびたび握手会や仕事を欠席。昨年10月には、バラエティ番組『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日系)内の人気企画「芸能人節約バトル1カ月1万円生活」に挑戦するも、わずか5日目でリタイア。ブログで謝罪したが、しばらく大バッシングを受けた。

 また、今年1月には、発売予定であった写真集『とものこと、好き?』(講談社)の手ブラ写真が、児童ポルノ法違反に当たると指摘され大騒動に。同書のみならず、写真集の広告を掲載した漫画雑誌「ヤングマガジン」(同)まで発売延期となり、テレビのニュースでも大きく取り上げられた。

 さらに、4月には「週刊文春」(文藝春秋)がAKB運営会社・AKSの窪田康志社長との”お泊まり愛”を写真付きで掲載。未だに愛人疑惑は消えていないようだ。

 彼女の性格については、ファンの間で『AKBイチ、メンタルもフィジカルも弱い』『逃亡癖がある』などと憶測が飛び交っている。一人立ちした彼女は今後、厳しい芸能界で生き残ることはできるのだろうか? AKBに詳しい記者はこう分析する。

「よく彼女のことを『弱い女の子』だと言う人がいますが、それは違います。彼女のタフさや、悩みを引きずらないサバサバした性格は、AKBメンバーの中でも“芸能界向き”といえるでしょう。

 また最近、彼女から溢れ出るフェロモンや、“甘え声”に憧れる若い女性“とも〜みギャル”が急増しているといいます。今月、『アッコにおまかせ!』(TBS系)で金髪を披露し、ネットではヲタから『似合わない』『金髪ゴリラ』などと酷評されたようですが、一方で多くの女性視聴者が『かわいい!』『マネしたい』と支持していたようですし、今後は、同じ事務所の板野友美のように、“女子中高生のカリスマ”として成功する可能性も大いにあるのではないでしょうか?」

 今後について、「英語の勉強をしたい」「ミュージカルに出たい」などと、夢を語っていた河西。AKBファンを公言する「金髪豚野郎」こと春風亭小朝と、「金髪ゴリラ」の夢の共演が実現する日も近い!?