歌手のリル・ウェイン (c)Hollywood News

写真拡大

歌手のリル・ウェインが、新曲「God Bless Amerika」のミュージックビデオ撮影中にアメリカの国旗を踏んだとして非難されている。

リルがミュージックビデオの撮影を行っている姿が録画され、現地時間16日に動画サイト「You Tube」にアップされた。リルの後ろには大きな星条旗がかかげてあり、途中で国旗は下に落ちるという演出がされていた。リルは落ちた旗の上を何度も踏みながら撮影をしていたのである。

そして、この動画を見た人は、「とても無礼だ」と大非難し、「この国のために亡くなっている軍人がいる中で、アメリカの旗の上でダンスするなんて。ムカツク」とツイッターにつぶやいた人もいる。しかし、批判の中で擁護するコメントもあり、撮影を続けるために踏んでしまっただけかもしれないという意見もあった。

かなりアメリカ国民を怒らせてしまったリルは、今後コメントを出すだろうか?【馬場 かんな】