故・スティーブ・ジョブズの半生描く映画、11月日本で公開

写真拡大

 アップル創業者で故Steve Jobs(スティーブ・ジョブズ)の半生を描いた映画「JOBS(原題)」が、国内の映画館で2013年11月より公開される。同作のテーマは、2011年に56歳の若さでこの世を去ったスティーブ・ジョブズの知られざる光と影。主演を務めるAshton Kutcher(アシュトン・カッチャー)が、若き日のスティーブ・ジョブズに似ていることでも話題となっている。

「JOBS」11月日本で公開の画像を拡大

 Joshua Michael Stern(ジョシュア・マイケル・スターン)監督による「JOBS」は、友人たちと共に自宅ガレージでアップル・コンピューターをスタートさせた1970年代から、世の中の音楽に対する概念を覆したiPodの誕生まで、世界を変えたスティーブ・ジョブズの半生を題材にした伝記映画。称賛を受けながらも、理想を追い求めるあまりに多くの敵を作り、常に人間関係に大きな問題を抱えていたという彼の繰り返される成功と挫折にスポットを当てている。Mike Markkula(マイク・マークラ)役のDermot Mulroney(ダーモット・マローニー)の他、Lukas Haas(ルーカス・ハース)、James Woods(ジェームズ・ウッズ)らが出演。米国では8月16日の上映が予定されている。

 スティーブ・ジョブズの死後、2011年10月には本人公認の伝記本が全世界で発売。「ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)」の黒いタートルネックを愛用していたことなど、秘話が綴られた同作は世界各国で年間売上首位を記録した。米国では「JOBS」とは別に映画「ソーシャル・ネットワーク(日本題)」の脚本家を務めたAaron Sorkinがスティーブ・ジョブズの生涯を描く伝記映画も進行中だといわれている。